あの空は夏の中

ドラマ、映画、本、特撮の感想ブログ

獣になれない私たち

新垣結衣主演。

 

ガッキー主演だから、フツーのラブストーリーを

想像していたw

 

が!!!!

結構、しんどいドラマだったw

 

ガッキー演じる晶は、母親と縁を切っていて

帰る実家がない。

会社でも社長からのパワハラに耐え

恋人・京谷(田中圭)は、元カノ・朱里(黒木華)を

見捨てられず同居している状態・・・

 

それでも、笑顔で過ごす晶を

同じ店の常連客の恒星(松田龍平)からは

「嘘くさい」と毒を吐かれる。

恒星の方は恋人の呉羽から突然

別の男性と結婚すると言われる。

 

そんな、晶と恒星が徐々に距離を縮めていく。

 

京谷は、多分、優しい性格で

そこに晶も惹かれたと思うけど

元カノを見捨てられないというのは

中途半端な優しさだと思う。

 

京谷自身が、人から嫌われたくないから

いい人でいたいだけなのかな?と。

 

恋人の晶も失いたくない。

でも、元カノの朱里も放り出せないって

誰が一番、大事なのかわからないよね。

 

晶と京谷が、きちんと話し合うシーンでは

あ、復縁するのかな?

と、思ったけど

んー・・・

私的には、京谷はなしだな。

 

元カノの朱里も、京谷の家で

引きこもりになってゲーム三昧になってるのも

朱里にも問題があるけど、京谷の態度にも

問題があったと思う。

 

このドラマで、一番、自由奔放な呉羽は

恒星とつき合ってる時に、子宮の手術をしていて

子供が産めないカラダになったことを隠していた。

それを言って理解してくれた男性と結婚を決めて

相手の男性も呉羽の自由奔放さに惹かれてたようだし

恒星には悪いけど、多分、自由奔放な女性には

めっちゃポジティブな人のが合うと思うから

このふたりはお似合いだと思ったw

 

晶と恒星は、似た者同士かもしれない。

表に出してるのが本心ではないよね。

本心を、なかなか言えない人たちだよね。

 

だから、晶も恒星も、呉羽に憧れもあって

良好なカンケーでいるのかも。

 

呉羽は、男性カンケーも奔放で

女性がキライな女性かもしれないけど

私は、呉羽をキライには思わなかったな。

きっと、自分に正直な人なんだろう。

 

晶が、パワハラ社長に

「会社、辞めます!!」と言うの

ほんと、スッキリしたw

毎週、毎週、なぜ辞めないんだ???

めっちゃ、しんどいやん・・・

と、思ってたからw

 

てっきり、甘ーいラブストーリーを

想像していたら、辛口ラブストーリーだったドラマw