あの空は夏の中

ドラマ、映画、本、特撮の感想ブログ

スパイダーマン: スパイダーバース

CGアニメ映画。

 

なんで観に行ったのかなー?w

なんか、いろんなスパイダーマンが登場するから

フラッと行った感じ?w

 

いろんな時空から、それぞれのスパイダーマンたちが来て

もとの世界に戻す物語かな?w

 

主人公の高校生マイルスがクモに噛まれ

特殊なチカラを手に入れる。

そして、たまたま、ある実験に遭遇してしまい

そこへ現れたピーター・パーカーの

スパイダーマンが殺害される。

 

そして、別の空間からピーター・パーカー(ピーターBパーカー)が

やって来て、それぞれ別の空間から

スパイダーグウェン、スパイダーマンノワール

ペニー・パーカー、スパイダーハムと出会う。

 

こんなにキャラが登場したら

まぁ、あるあるだけど活躍しないキャラも出てくるので・・・

詰め込み過ぎだよね。

 

ストーリー的には、マイルスが慕っている

叔父アーロンとの関係を描いた後に

叔父が、敵の手下だと知るって

スパイダーマンの悲劇的なところは

受け継いでる感じ。

 

そこは、よかったけど

とにかく、スパイダーマンたちのキャラの

活躍の差が激しかったので

もっと数を減らして

それぞれの活躍や背景にチカラを入れるべきだと

思った。

 

もしかしたら、全部、外伝的に

存在していて全部出そうって企画だったのかもだけど。

 

アニメ的には、ああ、アメリカが好きそうな感じ・・・

と、思った。