あの空は夏の中

ドラマ、映画、本、特撮の感想ブログ

僕と彼女と彼女の生きる道

草なぎ剛主演の「僕生きシリーズ」の2作目。

 

1作目は、途中から見たから

きちんと最初から見たのは、この2作目。

 

家庭のことは妻にまかせっきりの仕事人間の夫・徹朗を

草なぎ剛が演じている。

草なぎ剛の演技は、とても上手いから

つい見てしまう。

 

仕事人間の徹朗は、突然、妻(りょう)から

離婚を切り出され

幼い娘・凛(美山加恋)を残し家を出てしまう・・・

 

凛の家庭教師・ゆら(小雪)の協力のもと

徹朗は、凛と向かい合い

親子の絆を作っていく。

 

妻が離婚を切り出す理由は、仕事人間ってだけでなく

不倫も含めまれてたから

めっちゃ最悪な夫としてスタートする。

 

あと、女優さん的には

りょうも、小雪も似たような外見の女優さんだから

まるで徹朗の好み?とか思ってしまうw

 

ほんとの、仕事人間だったら仕事しか見えてないから

不倫や面倒なこと一切しないと思うんだけどねw

ましてや同じ会社の女性とかありえないでしょw

ちょっと、そこらへんはキャラ的にブレを感じたかなw

 

徹朗の父(大杉漣)も、仕事一筋で息子にも

出世してほしいと思ってるから

そーいう風に育てられた背景もある。

 

とにかく、このドラマは凛ちゃんが可愛い!!

めっちゃ癒やされる!!