あの空は夏の中

ドラマ、映画、本、特撮の感想ブログ

マレフィセント

長いこと洋画から離れていた私が

めずらしく映画館に観に行った。

 

「眠れる森の美女」のオーロラ姫に呪いをかけた

魔女マレフィセントが主人公の作品。

 

マレフィセントは恋人に裏切られ

野心を持った恋人は王女と結婚し王位に立ち

オーロラ姫が生まれる。

そして、マレフィセントはオーロラ姫に呪いをかける。

 

オーロラ姫は呪いをさけるために身分を隠し

3人の妖精に預けられるけど、この3人の妖精

まったく役にたたないwww

3人もいるのに子育ての知識もないw

どーいうこと???www

 

マレフィセントが、ちょいちょいオーロラ姫の面倒をみたり

オーロラ姫も小さい頃からマレフィセントの存在を感じていて

成長したオーロラ姫はマレフィセントと対面して

「フェアリーゴットマザー」と呼んで慕う。

 

マレフィセントもオーロラ姫を大事に思っていて

呪いを解こうとするけど解けない・・・

「真実の愛のキス」以外では解けない呪いだから・・・

 

この作品では、マレフィセント=悪

ではないんだよね。

どっちかというとオーロラ姫の父親が悪役www

 

この作品の続編も作られたけど

そっちは観てない。

 

この映画での一番の被害者は、オーロラ姫の母親かもしれない。

野心を抱いた男性と結婚して、生まれたばかりの娘に

そいつのせいで呪いをかけられて

妖精に預けなきゃいけなくなって・・・

我が子と離れるのって、つらいと思うんだよね・・・

そして病に倒れて死も看取らない結婚相手って

最低でしょ・・・

 

あんまり、この母親の描写は描かれてないけど

野心の道具に使われただけの人だよね・・・

 

マレフィセントの母としての愛を描くために

この王妃の描写はあえて描かなかったのかもだけど

きっと、マレフィセントと同じくらいの愛情を

そそいで育てたかったんじゃないかな・・・

 

ダークファンタジーのくくりみたいだけど

個人的には、ダークファンタジーって感じなかった。