あの空は夏の中

ドラマ、映画、本、特撮の感想ブログ

プラトーン

高校の頃、視聴覚室で見せられた映画。

 

ベトナム戦争の映画だ。

絶対、自分が見ない内容の映画。

 

結構、うちの高校は「はだしのゲン」シリーズも

視聴覚室で見たし

夏休みになると、県内で行われている

「戦争展」に行くことを義務付け

戦争展に行った感想が宿題だったりした。

 

この映画は、アメリカがベトナム戦争で行われた

実話をもとにしていて、どんだけこの戦争が

ひどいものだったかを描いている。

 

無抵抗のベトナム民間人に虐待、虐殺、強姦・・・

仲間内での殺し合いや綺麗事じゃない

ベトナム=敵、悪者ではなく

アメリカが過去にやってきた現実を

そのまま映画にしている。

 

日本だったら、絶対、そーいう映画作らないだろうと

思う内容。

日本は、自分たちの国が悪いことをした歴史を

絶対、残したくない隠したい傾向にあるし。

 

アメリカが、アメリカの犯した戦争罪の映画を

作ったのは、すごいと思った。

 

見てて、ほんとに戦争ってコワいと思った・・・

人間が人間じゃなくなる・・・

人間の理性や正義感とか失くなってしまうのが

戦争のコワい一面かもしれない。