あの空は夏の中

ドラマ、映画、本、特撮の感想ブログ

セミダブル

中井貴一が、冷徹な心理大学教授役で

モデルの稲森いずみが惹かれて?

というストーリーかな?

 

と、思ってたら、突然の稲森いずみ演じる

美咲が乳がんで片方の乳房を失い

あれ?

このドラマ、思ったより重いんだけど・・・

 

最初は、眠くなる本だと思っていた

神宮寺の書いた本に励まされて

美咲は、術後、神宮寺の大学に

入学する。

 

美咲が、神宮寺と出会った頃

まだ、モデルで胸を失う前に

プールでまた会う約束をしてたけど

約束の日、美咲は手術の日で

もちろん、そんなこと神宮寺は知らないから

気まぐれに約束したって勘違いしちゃうんだよね・・・

 

片胸を失っても美咲は明るく前向きでいようとし

神宮寺のココロも少しずつ変えていくんだよね。

 

神宮寺の「そんなことは絵空事だ」のセリフは

かなりマネしたw

 

いや、そんな軽いドラマじゃないんだけど

まったく真面目な重いドラマなんだけどねw

中井貴一の今までにないキャラやセリフは

マネしたくなったw

 

あと、当時は、ほぼスルーしてたけど

つんくが主演してるんだよね。

主題歌も歌ってたりで、つんくづくしの

ドラマだったんだなw

 

つんく演じる慎太郎は、美咲の友人だけど

美咲のことが好きなんだよね。

 

私の記憶の中では、美咲と神宮寺のやりとりしか

覚えてないけどw

 

ただ、このドラマが私的にガッカリだったのは

なんで神宮寺が病気で亡くなる設定にしたんだろう?

そこなんだよね。

 

ふたりがお互いのココロの傷を癒やして

幸せになる終わり方じゃダメだったのかな?

 

なんか、人が死んでその思い出を美しいものとして

前に進むって話は

綺麗事だし、お涙頂戴じゃない?

 

別に、すれ違ったりしてもいいけど

ドラマとして盛り上げるところ間違ってると思うんだよね。

 

神宮寺は、美咲と出会って救われたから

死なせていいと思ったの?

 

途中までは、よかっただけに

いやー、この終わり方はひどい。

 

今までの中井貴一稲森いずみが言った

ココロに響くセリフが

ほんと、これだけで全部、台無しだよ。