あの空は夏の中

ドラマ、映画、本、特撮の感想ブログ

柔らかな頬

昔、ネットで、この本の紹介を読んで

買って読んだと思う。

 

かなり、モヤモヤしてて

ずっと覚えていたのに

最近まで忘れていたから

ブログに残しておきたいと思い

書くことにした。

 

読んでも、読んでも、難しくて

ドラマ化された時も、ドラマも見た。

けど・・・

結局、犯人はわからないってこと・・・?

 

主人公カスミが、不倫中に5歳の娘が失踪してしまう。

4年後、5歳の娘は見つかっておらず生死すらわからない。

 

元刑事と一緒に、娘の事件を追っていくけど

どれも空想の中の話ばかり・・・

出てくるキャラ、すべてが犯人も見えるし

犯人じゃないってなる。

 

この小説を、ミステリー物だと思って

読んだのが間違いだったのかも・・・

犯人探しがメインの小説じゃなかったのかも。

 

なぜなら、カスミって女性の生き方が

繊細に描かれているから。

北海道の実家を捨てたこと等・・・

 

事件後、不倫相手と再会するけど

不倫相手の男性は、妻と離婚していて

若い風俗嬢のヒモとして楽しそうに生きていた。

かなり、びっくり・・・

 

最後、カスミは悟る。

 

ああ、娘が私を捨てたのだ、と。

 

そして、今度は、自分自身を探す旅に出る。

柔らかな頬

柔らかな頬