あの空は夏の中

ドラマ、映画、本、特撮の感想ブログ

35歳の少女

 昔から、ずっと好きな女優・柴咲コウ主演。

 

10歳で事故に遭い、25年間眠り続けた少女が

目が覚めたら35歳の姿になっていた・・・

自分の見た目も、家族も変わってしまい

戸惑いながら成長していく物語。

 

毎回、夢から起きるシーンから始まる。

 

外見は、柴咲コウなんだけど

中身は、子供のままだからココロの声は

子供が声をあてていて・・・

(成長とともに子供の声じゃなくなるけど)

最初は、んー・・・このドラマ、つまんないかも?

どうしようかな・・・と思ったw

 

望美役が、柴咲コウだし

望美の母親役が、鈴木保奈美だし

主題歌もKing Gnuと、かなりチカラ入ってる

ドラマに感じるんだけど・・・

と、様子見しながら見てた。

 

自分が眠ってるあいだに、両親が離婚してたり

妹も、大きくなっていて生意気になってる。

 

初恋の相手、結人と再会しても

結人も子供のままじゃなく大人の汚い部分を

知った大人になってる。

 

結人が、変わらない望美に惹かれていく感じは

なんとなく、わかった。

救いや癒やしのような存在だったんだなって。

 

望美の母親・多恵は、25年間

望美の介護のためか白髪の冷たい女性になっていて

望美に、いろいろ指導する。

でも、望美への愛情が深いことは、すごく伝わる。

 

妹の愛美は、愛情不足で恋愛もヘタでメンヘラ気質に

成長してしまうけど

ほんとは、多恵からの愛情を一番欲しかったんだろうなって

思う・・・

才能はあるんだから、男性に依存しなくても

自立できるんじゃないかなぁ・・・と思いながら

見てたから、愛美の成長も気になったw

 

多恵のことを思って介護から解放してあげたかった

夫・進次は、なぜか再婚してて

は???と、思ったw

再婚しても、前の家族が忘れられないって

今の家族にも、すごく失礼なやつ・・・

 

望美が、急速にココロの成長をしていくのは

ちょっと早すぎるwww

と、思ったけど

ドラマ10話の中で伝えたいことを

つめこんだら、まぁ、しょうがないか。

 

望美が、結人と一緒になることを

反対する多恵のもとから離れて

ふたりで暮らすようになるのは

だいたい、想像はついた。

 

でも、結局、結人のそばからも離れてしまうのか・・・

どうなるんだ???

 

最初、このドラマどうしようって思ってたのに

一番、気になるドラマになってた。

 

ネットのスピンオフも見ちゃうくらいには

好きなドラマになってたwww

 

全体的に、感じたのは

やっぱり、多恵の愛だったな。

 

「母の愛」

「子供の頃の自分に恥じない自分」

 

が、テーマに感じた。

 

望美が、ココロの成長をしていく過程で

いろんな人に影響力を及ぼして

みんな、夢を思い出して、夢を叶える努力をするんだよね。

 

望美が、結人と結婚して

結人の夢を支える存在で終わってなかったのが

よかった。

 

結人は、結人自身で自分の夢と向き合って

望美も、望美の夢と向き合っていく姿は

本当の意味での自立を描いてるなって。

 

夢を叶えた望美のもとに、多恵が現れるシーンは

すごい泣ける・・・

 

すごく、いいドラマだったと思う。

35歳の少女(Blu-ray BOX)

35歳の少女(Blu-ray BOX)

  • 発売日: 2021/04/21
  • メディア: Blu-ray