あの空は夏の中

ドラマ、映画、本、特撮の感想ブログ

賢者の愛

山田詠美原作のドラマ。

 

山田詠美ファンの私としては

気になっていたドラマ。

 

谷崎潤一郎の「痴人の愛」がモチーフらしい。

 

主人公・真由子は、何不自由なく素直な女の子。

隣に引っ越してきた2才下の百合と出会ってから

真由子の人生が大きく変わっていく・・・

 

百合の家庭環境から、真由子への憧れや嫉妬は

なんか、わかるかなぁ・・・と思った。

真由子は、何も悪くないんだけど

たまたま恵まれた環境に生まれただけだし。

 

百合の誘惑に負けた真由子の父や初恋の人・・・

 

真由子は、百合と初恋の人の間に生まれた男の子に

「直己(ナオミ)」とつけて

20年間、そのナオミを自分好みに調教し復讐をする。

 

父親から、真由子の復讐のために使われているんだと言われても

ナオミは、真由子を好きでいるんだよね。

 

物語的には、とても楽しく見ていたけど

 

百合が誘惑したからといって

娘と変わらない、まだ幼い百合に

手を出してしまう真由子の父親もダメだし

 

まだ、何もわからない時から

真由子から調教されるナオミ。

 

百合が

 

「お父さんと同じね」

 

と、言う言葉が、なんとなく刺さるなーと。

 

真由子と百合の直接対決の時

百合が

 

「まゆちゃんと親友でいられるなら

ナオミをあげるから」

 

なんか、その言葉に百合の本心がわかったような気がした。

 

ナオミだけでなく、百合も、また

真由子のことが全てだったんだ・・・

 

親子して、真由子に夢中になってしまっていたんだな・・・と。

 

真由子の特別な人は自分だけでいてほしい。

そのためなら、真由子が大切にしてる物や人を

奪ってしまいたい。

 

そんなキモチだったのかもしれない。

 

最後に、真由子のそばにいられたのは

百合か?ナオミか?

 

そして、その復讐で真由子は幸せになったのか?

 

いろいろと考えさせられるドラマだったと思う。

連続ドラマW  賢者の愛 [DVD]

連続ドラマW 賢者の愛 [DVD]

  • 発売日: 2017/02/17
  • メディア: DVD
 
賢者の愛 (中公文庫)

賢者の愛 (中公文庫)

  • 作者:山田 詠美
  • 発売日: 2018/01/23
  • メディア: 文庫