あの空は夏の中

ドラマ、映画、本の感想ブログ

リリィ・シュシュのすべて

岩井俊二作品。

 

リリィ・シュシュのすべて」は

タイトルから、想像していたストーリーとは

まったく、違っていた・・・

 

現実の酷いいぢめと、リリィ・シュシュの音楽やネットの世界に

のめり込んでいく少年の物語だった・・・

 

リリィ・シュシュ」は、まるでキーワードのように

使われている。

 

物語に出てくる少年少女たちは、皆

リリィ・シュシュ」に魅了されている。

信者だ。

 

私が勝手に思うのは

リリィ・シュシュ」は、唯一の救いだったのかな・・・

と、思う。

 

いぢめの首謀者の少年も、いぢめられる少年も

強姦される少女も、売春させられる少女も・・・

それぞれが、つらい・・・

 

ネットでココロを交わした相手が

いぢめの首謀者と、いぢめられてる少年で

それをキッカケに和解するなんて

そんな、優しい世界なんかじゃなかった・・・

 

ただ、ほんとに優しくない世界に

リリィ・シュシュ」の優しい歌声だけが響く・・・

 

思春期のよくわからない世界だと言ってしまえば

そうなんだけど

 

よくわからないながらも

残酷な作品だ。

f:id:aoisakana5:20200720015553j:plain