あの空は夏の中

ドラマ、映画、本の感想ブログ

四月物語

岩井俊二作品。

 

松たか子の初主演映画になる。

 

北海道から上京した卯月(松たか子)は

東京の武蔵野の大学に通うため

慣れない土地で一人暮らしを始める。

 

正直、この映画は、松たか子の美しいPVみたいだw

とにかく、物語らしい起承転結がなく

卯月の日常を淡々と撮影している。

 

卯月が、自転車で、桜並木を走る姿も

原っぱで本を読む姿も、とても綺麗だ。

 

何も起こらずに、この映画は終わるのかな?

 

と、思っていると

後半、卯月の高校時代の先輩・山崎先輩(田辺誠一)が

本屋でバイトしている。

 

雨が降る中、卯月の赤い傘と

卯月の笑顔が

 

あぁ・・・

卯月は、大好きな先輩を追って

東京に上京してきたんだ!!

 

と、気づく。

 

そして、気づいた時に

物語は終わる。

f:id:aoisakana5:20200626044636j:plain