あの空は夏の中

ドラマ、映画、本の感想ブログ

ファザーファッカー

内田春菊の本で、初めて読んだ作品。

 

養父から性的虐待を受ける中学生の主人公・・・

そして、それを知ってて止めない母親・・・

性的虐待を受けない世渡り上手な妹・・・

 

読んでて思ったのは、この家庭が狂ってるということ。

 

母親なら、死ぬ覚悟で止めないのか?

娘より、男を取るのか?

 

読んでて、ほんとに辛かった・・・

こんな世界が、ほんとにあるのか・・・

読み手の私には、何もできるはずもなく

ただ、ただ、私は無力だと思い知った・・・

 

あとから、この作品が、内田春菊自身の過去の

自伝的小説だと知って呆然とした・・・

 

どうか、内田春菊が幸せになってほしいと

思った。

 

物語は、どこにも救いがなくて・・・

解決策もなくて・・・

 

そりゃ、そうだよね・・・

家庭って、見えない世界でのこと

誰も、わからないよ。

 

そして、わかっても誰も助けられないよ・・・

 

それが、「家庭」という小さな世界であり

地獄になったら逃げ場もない・・・

 

祈るように、読み進めていくと

 

主人公は、ある日、突然、家出をする。

 

あぁ・・・

そうか・・・

家を飛び出すことしかなかった。

 

少女が、家を捨てて

飛び出していったことで

私は、安堵した・・・

 

この先の少女が、どうか幸せになりますように。

 

と、いう思いで

内田春菊の作品を、次々と読んだのを

覚えている。

f:id:aoisakana5:20200626031040j:plain