あの空は夏の中

ドラマ、映画、本の感想ブログ

ツレがうつになりまして

当時、私が、この映画を観ようと思ったのは

私も「うつ病」だったからだ。

この映画は、うつに対して、どんなメッセージを

届けるのか?

 

ツレ(堺雅人)とハル(宮崎あおい)の

夫婦役が、とても、かわいかったのも

映画を観た理由w

 

ツレは、激務の仕事をこなし

毎朝、お弁当も作る。

そんな、ツレの様子がおかしくなる・・・

「死にたい」と呟いたり・・・

激務とストレスによる心因性うつ病と診断されるも

会社の上司は、理解がなく、会社を辞めさせてくれない。

マンガ家の妻・ハルは

「会社を辞めないなら離婚する」と告げ

ツレは、退職して主夫になる。

薬療法や認知療法でツレは「日記」をつける。

薬療法で、元気になるが、波があり

やっぱり、ひどく落ち込んだりする・・・

ハル自身も「ガンバらないぞ」と思いながら

生活するが、失業保険も切れ

連載も打ち切りで火の車状態に。

そんな中、うつ病経験者の編集者から

ツレがうつになりまして」の仕事をもらう。

ツレが、講演で話す言葉に

「あとで」が大切で「あせらず」

「特別扱いをしない」

「できることとできないことを見分けよう」

 

きっと、この映画で伝えたかったメッセージは

それなんだなと、思った。

 

うつになった家族を、どう支えるか。

 

それを、重く暗くせずに

コミカルに、描いたのは良かったと思う。

 

正直、うつになった本人も、かなり、しんどいけど

支える方も、しんどいから

そのしんどいところばかりじゃ

まず、映画を観たいと思わないだろうし

リアルを描くなら、ドキュメント方式にするべきだし

 

それを、映画としてコミカルにしながら

伝えたいことを伝えたのは

正解だったと思う。

 

社会で、うつ病の理解が、当時から今でも

ないと思ってるので

 

この映画は、ある意味、挑戦だったと思う。

 

うつ病の人がいるよ。

うつ病て、人それぞれ症状は違うけど

こんな風になることもあるよ。

 

それだけでも、理解してくれたら

いいと思うんだよね。

 

そして、ツレが大好きなハルを演じる宮崎あおい

ほんとに、かわいくてwww

髪型とか、もう、めっちゃ、かわいいしかないwww

 

配役も成功だったと思う。

f:id:aoisakana5:20200524034347j:plain