あの空は夏の中

ドラマ、映画、本、特撮の感想ブログ

世界の中心で、愛をさけぶ

セカチュー」人気は

映画だけでなく、ドラマ化もされた。

 

ドラマで

高校時代を演じるのは

サク(山田孝之)とアキ(綾瀬はるか

 

たしか、「白夜行」のスタッフと

同じだったような?

白夜行」でも、山田孝之綾瀬はるか主演で

白夜行」が、好きだったから

このドラマも、見ようと思った。

 

大人になったサク(緒方直人)は

アキを失った喪失感やココロの傷が

癒えずにいる。

 

サクの大学時代の親友

小林明希(桜井幸子)はシングルマザー。

 

ドラマも、大人になったサクが

高校時代を思い出すストーリーになってる。

 

まぁ、この作品は

高校時代が、メインだしね。

 

高校時代のキャストは

申し分ないんだけど

大人になってからの現代の配役が・・・

緒方直人って・・・

なんだか、ごめん・・・

すごく古い作品に見えてしまう・・・

で、大人のサクを癒す存在が

シングルマザーの女性ってあたりが

もう・・・

私的には、なし、ですね・・・

 

ドラマのサクも、ずっとアキを

好きなら、ずっと、ひとりでいればいいと

思うんだよ。

まわりも、早く忘れろとか

早く他の恋人作れとか

言わなくていいんじゃない?

 

ドラマの最終回

多分、スタッフロールが流れた後かな?

 

ひとりでいる高校生のサクのところに

アキがやって来て

一緒に歩いていくシーンで

終わるんだけど

 

そこだけね。

すごく、サクのキモチを表してると

思ったんだよね。

あ、やっぱり、アキじゃなきゃ

ダメなんだよね・・・

 

どんなに、大人になって

会えなくても

ずっと、好きな人を好きなままで

いいんじゃないの?

 

柴咲コウの「かたちあるもの」

も、私的、名曲ですw