あの空は夏の中

ドラマ、映画、本の感想ブログ

バクマン。

埼玉に住む、中学3年の真城最高

高い画力がありながら

ただ、普通に生きていくだけの退屈な日々を

送っていた。

最高の叔父は、かつて週刊少年ジャンプに連載し

その作品がアニメ化もされた

マンガ家・川口たろうで、連載打ち切り後の過労により

亡くなった過去があった。

ある日、最高は、秀才のクラスメイトで

作家志望の高木秋人から

「俺と組んでマンガ家にならないか?」

と、誘われる。

最初は、断っていた最高だったが

声優を目指している片想いのクラスメイト

亜豆美保

「自分が、マンガ家になってアニメ化したら

結婚してください!!」

と、約束しマンガ家への道を志す事になった。

 

最高の役は、佐藤健

秋人の役は、神木隆之介

 

すでに、アニメ化されていた作品だったので

アニメを見る前に、映画を観たいと思い

映画館に行った。

 

天才マンガ家・新妻エイジの役は、染谷将太

亜豆美保の役は、小松菜奈

 

今、人気の若手をそろえました!!

な、配役だ。

 

個人的には、亜豆役は、違う女優さんがよかったけどw

 

この作品は、とにかく、最高と秋人が

新妻エイジに対抗して

マンガを描き続けるシーンが多い。

 

映画の新妻エイジは、ほんと、ヤな奴!!

でも、めちゃくちゃ、天才・・・

 

ふたりで、めちゃくちゃ苦戦しながら

マンガを描いてるのに対して

新妻エイジは、ひとりで描きまくる。

 

最高が、過労で倒れて

それでも、マンガを続けたいってキモチが

大きくて

ライバルのはずの、他のマンガ家たちが

手伝うシーンは、胸アツだ!!!!

 

最高と秋人の友情も、よかったし

サクサクと物語が、進んでいくのもいい。

 

エンディングのスタッフロールも

めちゃくちゃ凝ってたな。

 

その凝った映像の中

サカナクションの「宝島」が流れて

すごい作品に仕上がってる。

 

思わず、サカナクションの「宝島」

シングルを買っちゃうくらいwww

 

夢に向かって、がんばる。

夢に向かって、がむしゃらになる。

 

それが、なんだか、自分も

がんばんなきゃ!!

と、引っ張られる感じ。

 

最初は、神木隆之介くんと佐藤健

演技が見たくて

気軽に、映画館に入ったけど

もう、この作品に出た俳優群が

凄まじく合っていたと思う。

 

物語も、ちゃんと伝えたいことを

しぼったのが、よかったと思う。

 

「夢」に向かう物語で

いろんな人に、おススメしたいな。

特に、若い人たちには、いい映画だと思う!!

f:id:aoisakana5:20200521043309j:plain