あの空は夏の中

ドラマ、映画、本の感想ブログ

八日目の蝉

「優しかったお母さんは

私を誘拐した人でした。」

 

 

ずっと、気になっていた映画。

 

たまたま、テレビで映画の放送があって

映画を見た。

 

秋山丈博(田中哲司)の愛人であった

野々宮希和子(永作博美)は

秋山宅に侵入し、赤ちゃんを連れ去る。

希和子は「薫」と名づけた赤ちゃんと共に

3年半の逃亡と事件後

大人になった子供・恵理菜(井上真央)の

葛藤を描く。

 

希和子が、丈博の子供を妊娠して

堕胎したことで妊娠できない身体に

なってしまうのは

すごく、女性としてショックだと思うんだよね・・・

 

希和子が、連れ去った赤ちゃんを

「薫」と名づけて、4歳まで

ほんとに、愛情たっぷりに育てるのが

すごく、切なく感じた・・・

それも、逃亡しながらの生活・・・

 

どんなキモチで、希和子は薫を見ていたのか

痛いほど、伝わる映画だった。

 

自分の赤ちゃんを連れ去られた母親

恵津子(森口瑤子)も、4歳になって

戻ってきた我が子と、どう接していいか

わからず、ついイライラしたり

ヒステリックになったりと・・・

恵理菜としては、愛情なんて感じられないだろうな・・・

でも、母親の恵津子も、すごく不幸だと思う。

 

この作品は、誰ひとり、幸せにならない・・・

 

不倫って、誰も幸せにならないって

改めて思うよ。

 

大学生になった恵理菜は

親子関係が、ずっと、ギクシャクしたまま

一人暮らしを始めて

不倫の末、妊娠してしまう・・・

希和子と同じ道を歩んでしまってるんだよね・・・

 

小さい頃、希和子が、たくさんの愛情を

注いで、育てても

やっぱり、大人になると忘れてしまうのか・・・

恵理菜が、希和子のことを

よく、思ってないことから窺える。

 

恵理菜に、近づくフリーライター

千草(小池栄子)との出会い。

千草は、恵理菜が希和子と一緒にいた

「エンジェルホーム」で、恵理菜が薫だった頃

一緒に遊んだ子供だった。

 

恵理菜と千草は、薫だった頃の

思い出を辿って

希和子の足取りを自分探しの旅が始まった。

 

逃亡しながらの育児、子育て

自分の子供じゃないのに、ほんとに

希和子の薫への愛情は

血のつながりなんて

カンケーないってくらい深い。

 

ずっと、このまま、逃亡してほしい!

と、願ってしまうくらい・・・

 

希和子も、薫も、すごく幸せそうだったから・・・

 

希和子が、フェリー乗り場で

逮捕される時

薫が、まだ、何も食べてないことを

叫ぶシーンが、もう、ほんとに

まぎれもない母親なんだよね・・・

 

私は、永作博美という女優は

正直、あまり好きではないんだけど

この役は、すごく合ってたと思う。

 

井上真央は、「キッズ・ウォー」から

ずっと、好きな女優で

永作博美に負けないくらいの演技力で

ぶつかってくるのが、すごい。

 

過去を辿り、自分は希和子から

愛されていたんだって実感して

千草に、子供を産む決心を叫ぶ・・・

 

映画を見ながら、ずっと思ってたのは

大人になった恵理菜と希和子が

再会してほしい!!

そんなことを、思った。

 

でも

映画では、再会しないまま

終わっちゃうんだけど

 

恵理菜が、希和子の足取りと共に

愛情を実感したことに

重きを置いたのかもしれないな・・・

 

すごく、いい映画だと思った。

 

そして、やっぱり

不倫する既婚男性って、最低だなって。

 

既婚男性って、ダメージないよね?

 

この映画でも、ダメージ受けてるのって

奥さん、不倫相手、そして、娘・・・

 

もし、不倫がなかったら

奥さんは、恵理菜と仲の良い親子だったかもしれない。

希和子も、結婚して子供を産んだかもしれない。

恵理菜も、不倫せず大学生活を謳歌していたかもしれない。

 

いろんな可能性を、不倫って

一瞬で、潰してしまうんだ・・・

 

そんなことを、思った映画でもあった。

f:id:aoisakana5:20200529005659j:plain

万引き家族

「誰も知らない」の是枝監督の最新作。

 

万引き家族」は、久々の是枝監督の

映画を観に行った。

 

東京の下町に暮らす

柴田治(リリー・フランキー)と妻・信代(安藤サクラ

息子の祥太(城桧吏)、信代の妹・亜紀(松岡茉優

治の母・初枝(樹木希林)と同居していた。

治と信代のお給料と初枝の年金と

治と祥太が万引きをして生計を立てていた。

初枝は、表向きは独居老人で

同居人の存在自体、秘密にしていた。

 

治が、たまたま、団地の外廊下で震えている

女の子(佐々木みゆ)を見つけ連れ帰るんだけど

信代が、女の子の体中の傷跡で児童虐待を疑う。

多分、信代も虐待されて育ったのかもしれない・・・

そして、その女の子を「りん」と名付け

祥太の妹として、一緒に暮らすことになる。

 

この作品も、実話をもとにした映画。

 

すごく、貧乏な暮らしをしつつも

6人は、幸せそうに暮らしてる。

 

映画を観ていくと、それぞれが

いろんな事情を抱えていて

実は、全員、血がつながらない家族だと

わかるんだけど。

 

私は、血のつながりなんて信じてないから

血のつながらない者同士が

一緒に住んで幸せならいいと思う。

 

ただ、治が生きていく上で

「万引き」という手段しか知らなかったのが

すごく、不幸だったと思う・・・

 

祥太が、万引きで捕まり

家族それぞれが、バラバラになる・・・

 

祥太は、学校に通うようになり

普通の子供として生活をする。

 

りんは、本当の両親のもとへ帰され

再び虐待の被害者になっていた・・・

 

血のつながりってなんだろう?

本当の家族ってなんだろう?

本当の幸せってなんだろう?

 

と、問いかけている映画に見えた・・・

 

信代が、警察官(池脇千鶴)に

自分のキモチや、いろんな疑問を

投げかけるのが

本当に、一体、何が正解なんだろう・・・

と、考える・・・

 

りんは、この先、どうなっちゃうんだろう・・・

もしかしたら、最悪、死んでしまうかもしれない・・・

 

偽装家族は、裁かれるけど

りんの虐待してる両親は、裁かれないんだろうか?

 

いろいろ、考えてしまう映画だった・・・

 

タイトルで、良くないことを教える映画だと

勘違いした人もいたみたいだったけど

内容、ちゃんと観てほしいと思った。

 

6人は、それぞれ、寂しかったんだと思う。

そして、寂しかった者同士が

家族になった。

それが、本当に、幸せな時間だったと思う。

 

何が、正解か?

何が、間違いなのか?

 

f:id:aoisakana5:20200525083044j:plain

シン・ゴジラ

総監督と脚本が、あの庵野監督!!

これは、絶対!!

観に行かねば!!

 

と、観に行った作品。

 

もともと、ゴジラは、昔から

見てたけど

私は、どっちかというと

モスラが好きでwww

 

「シンゴジ」

もう、エヴァファンの私としては

かなり!うれしい音楽!!

 

そして、ゴジラが最初から

見慣れたゴジラじゃなくて!!

何度も、形態を変化させる。

 

第1形態は、ちょっと、よく見えなかったけどw

 

第2形態の、蒲田に上陸したゴジラ

通称「蒲田くん」と呼ばれてるらしいゴジラ

手が、未発達でヘビみたいに這って移動するwww

いや、初めて!

ゴジラ、かわいいと思ったwww

この第2形態の「蒲田くん」ゴジラ

めっちゃ、かわいいよ!!wwwww

 

第3形態は、手が生えて

幼体だけど、足で立ち上がるけど

おぼつかない感じw

ちなみに、通称「品川くん」らしいwww

 

あれ?

いつになったら、いつものゴジラになるの?

とか、思うよね?w

 

第4形態で、やっと!!

いつものゴジラになりますw

はい!

もう、かわいくないですwww

 

このゴジラは、観てる人類さえも

あ・・・

これ・・・

勝てない・・・

と、絶望するくらいの破壊力と放射線!!!!

これでもかと、見せつけます・・・

 

カラダが、赤く光ると

あ、これ!ヤバいやつー!!

と、思います!!

 

通称「鎌倉さん」らしいです・・・

いきなり、くんづけから

さんづけwww

かわいくないのに、通称あるのに

びっくりです!!www

 

「シンゴジ」

かなり、政治家が、わやわやするシーンが

多いです。

総理大臣も、動揺して流されやすくて

うあー

使えない総理だー

超リアルーwww

と、思ったwww

 

巨大不明生物特設災害対策本部

選ばれた人たちは、専門的な分野に長けているが

個性豊かなメンツだw

 

それぞれ

「はぐれ者」「一匹狼」「学界の異端児」

「オタク」←ぇ?w「厄介者」「問題児」

「変わり者」「鼻つまみ者」

 

え?

この人たちを主人公・矢口(長谷川博己)が

まとめるの???

めっちゃ、大変じゃない???

 

「一匹狼」や「学界の異端児」あたりは

まぁ、いいけど

あとは、もう悪口に近いよね?www

 

私は、別に、鉄道マニアではないけど

無人在来線爆弾計画は

新幹線から在来線まで爆弾を乗せて

ゴジラを攻撃する作戦で

かなり!胸アツですwww

 

ヤシオリ作戦」もエヴァファンなら

ヤシマ作戦」を思い出すネーミングwww

 

そして、最後、ゴジラのしっぽのアップ。

 

ゴジラのしっぽには、人間の足?

みたいのが、いっぱいある!!!!

 

え???

どゆこと???

 

これは、またまた、エヴァみたいに

謎解きが、始まりそうですwww

 

映画館で、「シンゴジ」を

観終わって、すぐに

Blu-rayを買おう!!と決めたwww

 

そして、早速、予約して購入www

 

そして、「シンゴジ」のサントラも

買ったwww

 

政治家や、急遽作られた個性豊かなメンツの

話し合いが、ほぼ、ほぼ、メインと言っても

過言ではない作品だけど

やっぱりね、おもしろかった!!

 

私は、やっぱり、庵野監督の感覚っていうか

庵野監督作品が、心底、好きみたいですwww

 

おまけに下に

「蒲田くん」ゴジラ貼っておきますwww

かわゆすーーーー!!!!www

f:id:aoisakana5:20200524162732j:plain

f:id:aoisakana5:20200524163324j:plain

ツレがうつになりまして

当時、私が、この映画を観ようと思ったのは

私も「うつ病」だったからだ。

この映画は、うつに対して、どんなメッセージを

届けるのか?

 

ツレ(堺雅人)とハル(宮崎あおい)の

夫婦役が、とても、かわいかったのも

映画を観た理由w

 

ツレは、激務の仕事をこなし

毎朝、お弁当も作る。

そんな、ツレの様子がおかしくなる・・・

「死にたい」と呟いたり・・・

激務とストレスによる心因性うつ病と診断されるも

会社の上司は、理解がなく、会社を辞めさせてくれない。

マンガ家の妻・ハルは

「会社を辞めないなら離婚する」と告げ

ツレは、退職して主夫になる。

薬療法や認知療法でツレは「日記」をつける。

薬療法で、元気になるが、波があり

やっぱり、ひどく落ち込んだりする・・・

ハル自身も「ガンバらないぞ」と思いながら

生活するが、失業保険も切れ

連載も打ち切りで火の車状態に。

そんな中、うつ病経験者の編集者から

ツレがうつになりまして」の仕事をもらう。

ツレが、講演で話す言葉に

「あとで」が大切で「あせらず」

「特別扱いをしない」

「できることとできないことを見分けよう」

 

きっと、この映画で伝えたかったメッセージは

それなんだなと、思った。

 

うつになった家族を、どう支えるか。

 

それを、重く暗くせずに

コミカルに、描いたのは良かったと思う。

 

正直、うつになった本人も、かなり、しんどいけど

支える方も、しんどいから

そのしんどいところばかりじゃ

まず、映画を観たいと思わないだろうし

リアルを描くなら、ドキュメント方式にするべきだし

 

それを、映画としてコミカルにしながら

伝えたいことを伝えたのは

正解だったと思う。

 

社会で、うつ病の理解が、当時から今でも

ないと思ってるので

 

この映画は、ある意味、挑戦だったと思う。

 

うつ病の人がいるよ。

うつ病て、人それぞれ症状は違うけど

こんな風になることもあるよ。

 

それだけでも、理解してくれたら

いいと思うんだよね。

 

そして、ツレが大好きなハルを演じる宮崎あおい

ほんとに、かわいくてwww

髪型とか、もう、めっちゃ、かわいいしかないwww

 

配役も成功だったと思う。

f:id:aoisakana5:20200524034347j:plain

旅猫リポート

主人公・サトル(福士蒼汰)は

飼い猫のナナ(声・高畑充希)を

手放さなければならない事情があり

ナナの引き取り手を求め

ワゴンに乗って旅をする。

サトルの幼少の頃から現在までを

振り返る旅でもあった・・・

 

 

またまた、偶然にも

福士蒼汰主演ですwww

 

なんとなく、サトルがナナを手放さなきゃ

いけない理由とか、映画観る前から

うすうす感じていたけど

映画を観たいと思うキモチになって

観に行った。

 

基本、猫が、しゃべるのとか

ダメなんだけど・・・

まぁ、この映画では許せたかなw

 

なんかね、ナナに対して

サトル役の福士蒼汰が、ほんと優しい笑顔なんだよね。

もう、めちゃくちゃ、ナナのことが大事で

大好きで・・・

 

サトルの叔母が竹内結子

めっちゃ綺麗な叔母だwww

 

サトルとナナの旅を通して

ふたりの絆を感じる作品。

 

原作は、かなり有名な作家。

有川浩なんだよね。

 

有川浩の本は未読だけど

いろんなジャンルを書く作家のイメージで

今回は、ココロが温まる作品なんだなって

思った。

 

本当は、とても悲しい旅のはずなのに

サトルは、終始、笑顔だった。

それが、なんか、すごく良かった。

 

悲しい話を、悲しく演出して

はい!ここで、泣いてね!

てのは、もう、飽きたのでwww

 

多分、この映画で描きたかったのは

そーいうところじゃなくて

純粋に、サトルとナナの旅を通じて

何かを感じてもらえたら

 

そう思って作られたのかな?

と、勝手に思ってますw

 

福士蒼汰ファンは、きっと

ナナになりたい!!

と、思ったかも?www

f:id:aoisakana5:20200523061746j:plain

PとJK

女子高生・歌子(土屋太鳳)と

警察官・功太(亀梨和也)は

仕事柄、未成年との交際に問題が生じるため

結婚することになった。

 

まったく!

原作のマンガ、読んだことないんだけどw

 

亀梨くん主演だったら

絶対、観ます!!

 

と、映画館に行ったwww

 

亀梨くん演じる功太は、警察官で

年上の役だからか?

全然、甘々じゃなかったー

少女マンガ原作だから

甘々な亀梨くん見れると思ったのにーwww

 

土屋太鳳は、なんか

朝ドラから、ずーっと見てるイメージ・・・

 

夫婦になったけど

すれ違うストーリーで

 

あと、不良とか絡んできて

甘々というより、バトル感が

強かったかなwww

 

まぁ、亀梨くんが見れたから

私にとっては

よきです!!www

f:id:aoisakana5:20200522083229j:plain

ちょっと今から仕事やめてくる

ブラック企業で、こき使われて

心身共に衰弱した隆(工藤阿須加)は

無意識に、線路に飛び込もうとしたところを

「ヤマモト」と名乗る男(福士蒼汰)に

助けられた。

同級生を自称する彼にココロをひらき

何かと助けてもらう隆だが

本物の同級生は海外滞在中だとわかる。

なぜ、赤の他人を、ここまで?

気になった隆は、彼の名前で個人情報ネット詮索を

するが、出てきたのは3年前に激務で

自殺した男のニュースだった・・・

 

 

なんとなく、気になって

映画館で観たんだけど

この時期、ほんと、私が観たい映画には

福士蒼汰が、必ず、いるって感じでwww

 

きっと、福士蒼汰自身が

かなり映画に出ていた時期と

重なっただけかもだけどw

 

内容は、リアルである話だな・・・と

ブラックで疲れて、死を選ぶ人いるよね・・・

 

「ヤマモト」の正体も気になったけど

絶対、この人、悪い人じゃないって

思ったな・・・

 

他人に、こんなに優しくできるって

すごいなぁって思ったし

きっと、サラリーマンやOLで

仕事に疲れてる人たちには

「ヤマモト」みたいな人が、必要だし

そんな人がいたらいいなと

思うよね。

 

隆が、どんどん、明るくなっていくの

よかったーって思ったし

 

ほんと、最後は、隆の決断と

感動が、ハンパない!!

 

私も、いつも、人に助けてもらってばかりだけど

「ヤマモト」みたいに、たったひとりでも

助けられたら、いいなと思う。

 

映画を観た後、もっと、この話を

知りたい!!

と、思って、原作の小説を買った。

f:id:aoisakana5:20200522072041j:plain

世界の中心で、愛をさけぶ

セカチュー

当時、かなりの人気だった。

 

私の、まわりの知人は、映画を観て

泣いたと言ってたくらい。

 

まぁ・・・

映画のCMで、森山未來

「助けて下さい!!」

て、泣きながら言うシーンで

あぁ、なんか泣く系の映画なんだなぁ・・・

と、思った。

 

映画は、主人公・サク(大沢たかお)が

恋人の律子(柴咲コウ)がいなくなって

サクの故郷、高松に、彼女がいることを知り

サクも、高松に向かう。

その中で、高校時代の恋人・アキ(長澤まさみ)の

思い出がよみがえる。

 

この映画は、とにかく長澤まさみ

若くて可愛いしかないと思うwww

 

大人になったサクが、幻?の

制服姿のアキと再会して

抱きしめるシーンがあったけど

 

映画で、感動したり泣いた人は

きっと、サクが、幻でも

アキに会えて、よかったねー!!

と、思ったんだろうなぁ・・・

 

律子が、過去と関りがあって

アキと知り合ってたとか・・・

律子としては、申し訳ないと思うだろうな。

 

高校時代のサク(森山未來)と

アキ(長澤まさみ)が

きちんと、つき合ってた期間って

実は、すごく短くない?

映画だから?

時間的な問題?

 

どっちも、若くて可愛くて

めっちゃ青春!!

て、感じだけど

 

その、めっちゃ青春に

当時から思ってたけど

ヒロインの「死」を入れるって

めちゃくちゃ、古臭い手法よね・・・

 

私も、きちんと、映画館で

映画を観た人間だけど

正直、泣けなかった・・・

どこで、泣くのか?

わからなかったというべきか。

 

なんだか、どれも、見たことがある・・・

と、感じてしまった・・・

 

あとさ・・・

そんなに、アキのことが好きなら

別に、ずっと、ひとりでもいいじゃん?

アキのこと想いながら

なんで、恋人作るのか、ちょっと

わかんないwww

 

相手にも、失礼だし

自分的にも、つらくならないのかな?

 

映画、観てた勢だってさ

高校時代のサクとアキの恋愛に

感情移入して

きっと、ふたりのことしか

頭にないよwww

 

平井堅の「瞳をとじて」は

めっちゃ名曲!!

なんだけどねw

f:id:aoisakana5:20200522005905j:plain

ぼくは明日、昨日ときみとデートする

多分、本屋で、このタイトルを知って

映画化のCMか?何か?で

そーいえば、なんで、こんなタイトルなんだろ?

と、映画館に行ったのがキッカケ。

 

京都の美大に通う学生・南山高寿は

通学電車の中で出会った福寿愛美に

一目ぼれする。

高寿は、勇気を出して声をかける。

翌日、ふたりは意気投合し

交際することになるが・・・

 

 

高寿の役は、福士蒼汰

愛美の役は、小松菜奈

 

あー・・・

また、小松菜奈かぁ・・・

別の女優さんが、よかったなwww

 

なんとなく、このタイトルの謎が

知りたかったけど

タイトルの謎が、わかってから

本当の意味での、物語が動き出すんだよね。

 

最初、高寿は冴えない眼鏡男子で

愛美とデートを重ねるたびに

どんどん、イケメンになっていくwww

 

女の子が、可愛くなっていくんじゃなくて

男子の方が、イケメンになっていくってあたりが

高寿のが、愛美への恋ココロが大きいって

感じられる。

 

普通の恋愛映画かな?

と、思ったけど、ちょっとSF要素が加わってて

そのSF要素が、切なさを連れてくる・・・

 

好きなのに、お互い、大好きなのに

もう、会えなくなる・・・

 

お互い、老後になっても

ずっと一緒にいることが叶わない未来・・・

 

この物語が、普通の恋愛映画なら

よかったのに・・・

 

そしたら、こんなに切なくならなくて

よかったのに・・・

 

エンディングで

back numberの「ハッピーエンド」が

流れる・・・

 

映画館に、ひとりで来ていた私の

かなり、後ろの方の席に座っているだろう

女の子たちが、泣きだした・・・

 

福士蒼汰のファンの子たちなのかな?

泣いてるなぁ・・・

 

切ないけど、泣くほどではないかな?

と、思って映画館を後にしたんだけど

 

この映画は、じわじわと来るんだな・・・

 

思い出すと、ふたりの運命に

切なさだけでなく

作者は、いぢわるだな・・・とも思う。

 

普通に、恋愛して

結婚して、家族になって

 

そんな、あたりまえのことが

ほんとに、幸せなんだって気づかさせてくれる

そんな映画かも・・・

 

back numberの「ハッピーエンド」もね

歌詞、ちゃんと見たら、わかるけど

全然、ハッピーエンドじゃないからね?

この歌詞だけで、泣くよ・・・

f:id:aoisakana5:20200521050917j:plain

バクマン。

埼玉に住む、中学3年の真城最高

高い画力がありながら

ただ、普通に生きていくだけの退屈な日々を

送っていた。

最高の叔父は、かつて週刊少年ジャンプに連載し

その作品がアニメ化もされた

マンガ家・川口たろうで、連載打ち切り後の過労により

亡くなった過去があった。

ある日、最高は、秀才のクラスメイトで

作家志望の高木秋人から

「俺と組んでマンガ家にならないか?」

と、誘われる。

最初は、断っていた最高だったが

声優を目指している片想いのクラスメイト

亜豆美保

「自分が、マンガ家になってアニメ化したら

結婚してください!!」

と、約束しマンガ家への道を志す事になった。

 

最高の役は、佐藤健

秋人の役は、神木隆之介

 

すでに、アニメ化されていた作品だったので

アニメを見る前に、映画を観たいと思い

映画館に行った。

 

天才マンガ家・新妻エイジの役は、染谷将太

亜豆美保の役は、小松菜奈

 

今、人気の若手をそろえました!!

な、配役だ。

 

個人的には、亜豆役は、違う女優さんがよかったけどw

 

この作品は、とにかく、最高と秋人が

新妻エイジに対抗して

マンガを描き続けるシーンが多い。

 

映画の新妻エイジは、ほんと、ヤな奴!!

でも、めちゃくちゃ、天才・・・

 

ふたりで、めちゃくちゃ苦戦しながら

マンガを描いてるのに対して

新妻エイジは、ひとりで描きまくる。

 

最高が、過労で倒れて

それでも、マンガを続けたいってキモチが

大きくて

ライバルのはずの、他のマンガ家たちが

手伝うシーンは、胸アツだ!!!!

 

最高と秋人の友情も、よかったし

サクサクと物語が、進んでいくのもいい。

 

エンディングのスタッフロールも

めちゃくちゃ凝ってたな。

 

その凝った映像の中

サカナクションの「宝島」が流れて

すごい作品に仕上がってる。

 

思わず、サカナクションの「宝島」

シングルを買っちゃうくらいwww

 

夢に向かって、がんばる。

夢に向かって、がむしゃらになる。

 

それが、なんだか、自分も

がんばんなきゃ!!

と、引っ張られる感じ。

 

最初は、神木隆之介くんと佐藤健

演技が見たくて

気軽に、映画館に入ったけど

もう、この作品に出た俳優群が

凄まじく合っていたと思う。

 

物語も、ちゃんと伝えたいことを

しぼったのが、よかったと思う。

 

「夢」に向かう物語で

いろんな人に、おススメしたいな。

特に、若い人たちには、いい映画だと思う!!

f:id:aoisakana5:20200521043309j:plain