あの空は夏の中

ドラマ、映画、本の感想ブログ

蜜蜂と遠雷

原作の小説は未読。

 

映像化不可能と言われてた小説の映画化と知って

どんな映画だろう・・・?

と、ちょっと興味を持って映画館に行った。

 

映画の冒頭、天才少女ピアニストと呼ばれていた栄伝亜夜が

ちょっと、独特で不思議な印象を受けた。

その栄伝亜夜を松岡茉優が演じていて

それが、すごく自然に感じた。

この映画で、松岡茉優を好きになった。

 

天才ピアニストたちのコンクールを軸にしながら

音楽に生きてる天才たちの世界が垣間見れる。

 

風間塵と栄伝亜夜とのピアノを通じた

不思議な交流や

幼なじみのマサルも加わり

3人の音遊びは、ほんとに普通の人じゃわからない

世界を感じた。

 

唯一、サラリーマンのピアニスト・高島明石を

松坂桃李が演じている。

家庭をもちながらピアノを続けている役を

違和感なく演じてる。

 

コンクールの優勝は誰がとるんだろう?

は、もちろんなんだけど

 

飛び抜けて、風間塵と栄伝亜夜の天才性が

全面に出ていたと思う。

天性の天才っていうのかな?

 

きっと、このふたりは音楽なしの世界では

浮く存在だと思う。

それくらい音楽の神様に愛されたふたりに見えた。

 

私は、音楽はさっぱりわからないし

ピアノも弾けないけど

とても、素敵な世界を見れた。

 

ずっと、音楽界から離れていた栄伝亜夜と

まったく音楽とは無縁に育っていた風間塵が

やっぱりピアノを通して出会って成長していき

幼なじみのマサルをも巻き込んで

それぞれに、成長したりする姿は羨ましくも感じる。

 

これを、小説で書く方が難しいんじゃない?

小説では、どんな表現がされているんだろう?

と、原作小説への興味にも繋がる。

f:id:aoisakana5:20201114032757j:plain

マザー

友達が観たいと言ってて知った映画。

内容を知って興味をもった。

ネット配信されたので、私も見てみた。

 

長澤まさみが、母親役。

セカチュウ」では可憐な少女だったのに

母親をするような歳になったのか・・・と。

 

阿部サダヲも、めずらしく?

悪い役だ。

 

自由奔放な母親に、振り回されながら育つ周平。

歳の離れた妹・冬華の面倒を見ていて

学校には行かせてもらってない。

 

私も、ちょうど小学4年に末弟が生まれ

学校に、ほとんど通えなくなった。

末弟の世話をしなきゃいけなかったから。

うちの場合は、母がパートに出るからだったけど

深夜に酔って帰ってくる生活だったから

当時は、わからなかったけど

今なら、仕事が終わってから遊んでたんだとわかる。

酔って帰ってくるから、末弟の寝かしつけなんて

母が、やるわけもなく

まだ小さい私が眠気を堪えて寝かしつけをしなきゃいけなかった。

 

周平にとって、母親の言葉の端々に冬華の名前を出すあたりは

妹を人質にされてると感じる。

 

私も、家を出てから

母から、末弟の学費が払えないから

お金を貸してほしいと電話がかかってきた時は

貸してしまったことがある。

でも、そのお金は末弟の学費には使われなかった。

 

周平が、母親に反抗しようとしてもできないのも

すごく、わかる・・・

普通の家庭に育った子なら、それ、おかしいよ!!と

素直に言える。

でも、歪んだ家庭で育つと言えない。

 

周平が、最後に言うセリフが痛かった・・・

 

「お母さんのこと好きだから・・・」

 

どんなに酷い母親でも、子供にとっては

たったひとりの大好きな母親・・・

 

周平の母親は

 

「私が産んだ子供だ。私がどう育ててもいい。

あの子は、私の分身だ。」

 

 

と、ずっと、思ってる。

 

子供は、分身じゃない。

子供には、子供の人生がある。

 

私は、この映画で虐待って感覚がなかったけど

映画紹介などを読むと「虐待」と書かれてて

意外と、虐待にあったことがある子だと

虐待に対して麻痺してしまってるなと思った。

 

私も、周平と同じで

母親を好きだったから、つらかった・・・

嫌いになれたら、どんなに楽だろうと思う。

 

どうか、世の中の

これから母になる人、母になった人には

子供は、自分の所有物じゃない、分身でもない。

ひとりの人間として育ててあげてほしい。

子供は、無条件で母親を慕うから

母親も、無条件で子供を愛してほしい。

f:id:aoisakana5:20201106063130j:plain

空の味

摂食障害に悩む女子高生が、ある女性との交流で

解放されていく物語。

 

で、監督が自身の実体験をもとにして作ったらしい映画。

 

実際、見てみたら

あれ?

主人公・サトコは、これで救われたの???

と、すごく疑問に思った。

 

サトコが出会うマキという女性。

この女性が、かなり痛々しい・・・

鬱病だけではない感じ。

かなり病状が悪いのがわかる・・・

 

逆に、一緒にいて、しんどくならない?

私なら、しんどくなるよ・・・

 

自分だけで精一杯で苦しいのに

救いたい人を救えないって

余計、つらくならない?

 

そんなことを思う映画だった。

f:id:aoisakana5:20201028060337j:plain

星の子

宗教にハマってしまった両親のもと

育てられた少女の話・・・

 

と、ぼんやりしたイメージだけだったけど

どうしても、観たいと思った映画だった。

 

そして、観た映画は答えはなく

問いを投げかけるものだった。

 

どういう映画だったんだろう・・・

これは、すごく考えなければいけないと思った。

 

私は、この両親のもとには

少女だけ、ちひろだけがいる3人家族だと思ってた。

そしたら、赤ちゃんのちひろが泣く姿を

両親と、もうひとりの女の子も見つめてる・・・

 

映画は、どうして両親が宗教にハマってしまったのか

きっかけから始まる。

 

ちひろは、未熟児で生まれ

多分、アトピーだと思われる湿疹がひどくなり

泣きじゃくる・・・

 

これは、親なら誰でも藁にもすがる思いだろう・・・

 

ちひろの母がつける日記には

 

「もう・・・どうしたらいいか、わからない・・・」

 

 

と、書かれていて・・・

 

すごく、わかる・・・

 

そんな時に、「水が悪い」と言われ

「金星のめぐみ」という水に出会い

それが、たまたま、ちひろアトピーをよくしてしまったから

そこから、両親は、どんどん宗教にハマっていく・・・

 

娘思いの両親に思える。

 

でも、ん?

と、思うところは、かなりあって

 

それは、長女のまーちゃんの存在。

この両親は、まーちゃんとどう接していたのか?

まったく、わからないけど

まーちゃんが家出を繰り返しているのを

どう思っているのか?

 

どうして家出を繰り返すのか

夫婦で話し合いしないのだろうか?

 

まーちゃんが父親とケンカした話は出てきたけど

どうしてケンカになったのかは、ちょっと

わからない。

 

まーちゃんが最後の家出をして

もう本当に帰らなくなってしまってからも

両親は、宗教をやめない。

 

むしろ、3人で幸せに暮らしてる・・・

 

この家族にとって、長女の存在ってなんだろう?

 

娘思いの両親なら、まーちゃんにだって

真摯に向き合うべきじゃなかったのかな?

 

未熟児で病弱な妹に、つきっきりで

宗教にまでハマっていく両親を

まーちゃんは、どう見ていたのかな・・・

 

そして、ちひろも中学生になり

いろんな噂や、外から見た両親の姿を

知ることになるんだけど

 

ちひろにとっての両親は

本当に優しくて愛してくれてる。

 

でも、やっぱり、ここでも

ん?

と、思うシーンはあって

 

夜ごはんのシーンだ。

 

宗教にハマって、どんどん貧乏になっていく家庭。

 

その日、両親は宗教の会合?に行っていて

夜ごはん、どうしようか?

と、言う。

 

すると、ちひろは、豆腐食べたし

クッキーもあるから大丈夫だと言う。

 

夜ごはんに、豆腐とクッキーだけ???

成長期なのに、ごはんないの???

 

それから、何度か

同じ宗教の人から分けてもらったお寿司とか

おかずとか出てくるけど

ちひろの母親が作った食事のシーンがない。

 

そして

母方のおじが、怪しい宗教だと心配していて

両親は、そんなおじに怒りをぶつけたりするけど

ちひろの修学旅行のお金を、おじが出したことを知って

ええ!!

と、思った・・・

 

娘のために、宗教にハマったのに

その娘の修学旅行のお金が出せないことに

両親は、ココロが傷まないのか?

 

矛盾を感じる。

 

きっと、この矛盾は、ちひろも感じてるはず。

 

私は、どうしても、この宗教は胡散臭いと思う側で

 

でも、だからといって

先生のように、怪しい宗教に入ってる子供だからと

冷たくあしらうのは行き過ぎだと思う。

 

宗教を信じていない、ちひろの友達

なべちゃんとのやりとりは、かなり好きだった。

 

ちひろが、小学生の時

ちひろの何気なく言った会話で、両親は、またまた宗教から

怪しげな眼鏡を購入して、つけさせる。

 

なべちゃんは、変な眼鏡って言うけど

ちひろと一緒に帰る。

一緒に帰りながら、ちひろの話を聞いて

じゃあ、あのおじさんは?

あのおばさんは?

と、聞いて

ちひろは、全部

「ぶさいく」

と、答える。

で、なべちゃんが、じゃあ、私は?

「美人」

と、ちひろが答えると

「あんた、病気じゃないよ。ただの面食い」

 

そして、中学生になった

ちひろとなべちゃんは、一緒に帰ったりするし

たまに、なべちゃんが嫌味っぽくいぢわるで?

「変な宗教に入ってるから」

と、言ったりするけど

 

先生に、クラスの前で、ちひろが酷い言葉を

浴びせられた時は

放課後

なべちゃんは、泣いてるちひろをかばうし

なべちゃんを好きな男の子も

ちょっと、笑ってしまうことを言うし

 

変な宗教に入ってるからって

ちひろという少女の人格までは否定しない。

 

多分、そこがいいなと思った。

 

そして

ちひろ自身は、どうしたいのか?

 

ずっと、気になりながら観たけど

わからないまま、終わる。

 

私は、どうしたって、ちひろ側で

考えることはできないし

ちひろの両親の最初の苦悩はわかっても

その後の行動は、やっぱり理解できないし

 

そしたら、せめて

なべちゃん側でいたいよなって

思う。

 

先生みたいに、変な宗教に入ってるからって

ちひろを全否定する人間にはなりたくないなって。

 

そんなことを思う映画だった。

f:id:aoisakana5:20201026065603j:plain

来る

ん?

んん??

んんん???

 

えっと・・・

久々に、わけわからない映画に遭遇したぞwww

 

怖いとか怖くないとか

そーいうのではなく

全体的に、なに?どうした???

状態www

 

映画を見た後、ぽかーん・・・

 

あまりにも、わからなかったので

ちょっと、他の人の感想を読みに行ったよねwww

 

あ、これって原作小説があるんですねw

小説未読。

 

ホラー映画としてでもなく、まっさらな状態で見たけど

 

田原秀樹(妻夫木聡)が、愛妻家、子煩悩で

子育てブログを書いてる。

で、妻・香奈(黒木華)は育児ノイローゼ気味。

そんな家庭に、怪異現象が起こる。

 

最初は、イクメンな秀樹の話から

妻目線になり、ああ!!なるほどね!!

自称イクメンだったのかwww

 

と、このあたりの描写は好きだったw

 

一番、怖いのは人間だよねー

て、感じで終わったら良かったのにwww

 

わけわからない状態になったのは

霊媒師・琴子(松たか子)と霊媒師集団の除霊シーンから

ん?

そんな大事な除霊しないといけないん???

 

オカルトライター野崎(岡田准一)の過去で

昔の彼女に堕胎させた描写が描かれ

ん???

 

この霊?は、子供を邪険にしたら出てくる霊なの???

 

ぽかーんとしてしまった映画だったけどw

 

出演者の演技は良かったと思うw

松たか子黒木華妻夫木聡以外

誰が誰だか、わからなかったwww

 

あ、岡田准一だったん?

とか、小松菜奈だったの???

え!!

柴田理恵すごすぎひん???

と、いう驚きwww

 

伊集院光出演には、ちょっと笑ってしまったw

 

ホラー映画としてじゃなく

男ってダメだよねw

な、感想の映画でしたwww

 

ホラー映画として見てなかったから

除霊あたりが、めちゃくちゃダルかったんだなwww

f:id:aoisakana5:20201015062347j:plain

ナラタージュ

映画館で観たいなぁと思いつつ観れなかった映画。

見る機会ができたので見てみた。

 

ナラタージュ」の先生・葉山役が松本潤が合わないって

ちらほらと聞いたけど

私は、別に松潤でも違和感なく作品を見ることができた。

ヒロイン・泉役も有村架純

見た目的には綺麗な映画になりそうだなと思った。

 

高校時代から先生に片想いをしていた泉が

大学生になって先生と再会して

ラブストーリーが始まるのかと思ってたら

そうじゃないwww

 

ただ、ただ、切ない片想いの話だったwww

 

先生が、何を思い泉に優しくするのか

ちょっと、わからない・・・

原作の本は未読だけど、もしかしたら

わからないのが正解の役なのかもしれない。

 

泉に告白してくる小野くんが

最初は、好青年でいい感じに仲良くしてたのに

いざ、つき合ってみたら

泉と先生のことで嫉妬をして

ケータイを見せろと言ったり・・・

あー・・・

これは、ダメですw

絶対、別れた方がいいですw

と、思いながら見てたwww

 

最後まで、先生とのラブシーンはないままかな?

と、思ってたら

最後の最後であるwww

 

想像してたラブラブラブシーンではなく

悲しい切ないラブシーンに描かれていた。

 

これは、これでいいかもしれない。

 

全体的に、暗さをまとった作品だと思った。

 

後輩の高校生・柚ちゃんの自殺や自殺の理由とか

めちゃくちゃ重いなぁ・・・

 

結局、泉は、この先、新しい恋ができるのかな?

 

いつも、ずっと、先生のことを思い出すんじゃないかな?

 

このまま、先生との恋の中で生きていくのもいいかもしれない。

と、思ったけど

先生からもらった懐中時計の文字の意味を知って

 

あ、もしかしたら、ここから泉の時間が動き出すのかな?

と、思う結末だった。

f:id:aoisakana5:20200924214717j:plain

ロストパラダイス・イン・トーキョー

なんとなく見た映画。

 

父の死で、知的障害を持つ兄と一緒に暮らすことになった弟と

地下アイドル&風俗嬢の女性との3人の絆を描いた作品。

 

んー・・・

いろいろと、難しいなー

 

知的障害者の家族を持つと、すごく大変だっていう現実と

そんなことはカンケーなくブラックな会社でパワハラにあいながら

働く弟・・・

 

生きていくのって、ほんとに難しい・・・

と、思わせる作品だと思う。

 

だけど、死んだと思ってた兄が、実は生きていて

自分の好きなように生きていたのは

ちょっと、希望を感じたし

 

結局、これって全員バラバラになるか

死ぬしかないんじゃない?

と、思ってたから

希望のある終わり方で良かったなと思った。

f:id:aoisakana5:20200922080813j:plain

ふがいない僕は空を見た

原作本を、すごく好きだけど

映像化されていることは、ずっと知らなかった。

 

あの原作を、映像化って難しくないのかな?

と、思いながら

時間ができたので見ることにした。

 

卓巳(永山絢斗)と、あんず(田畑智子)の

情事が、前半で描かれ

あんずサイドの話になった時

あぁ・・・

本では、うわぁ・・・きっつい姑(銀粉蝶)だなぁとか

ダメダメな夫(山中崇)だ・・・

と、思ってたけど

映像化すると、もう、ほんと姑も夫も異常なんだ・・・

姑が孫欲しさに発狂するシーンは、ほんとに異常。

 

後半は、卓巳の友達・良太(窪田正孝)のパートになる。

 

 

この映画は、永山絢斗田畑智子が話題になってたけど

私は、窪田正孝が主演してたことに驚いたw

 

イメージ的には

卓巳は、もっと純朴な感じをイメージしてたから

んー・・・どうなんだろう?

大人っぽすぎる感じがする・・・

良太は、窪田正孝ってどうなのかな?と思ったけど

こっちは、意外にも合ってたと思う。

 

そして、あんず役の田畑智子

朝ドラから知ってたけど

特に好きな女優さんではなかったし

演技力もフツーって思ってたから

期待せずに見てたけど

意外や意外、あんず役はフツーに可愛く感じたから

をを!!と思ったwww

 

映画の時間内で

この原作をやるには、かなり時間が足りないと

感じた。

 

卓巳パートも、良太パートも

どっちも中途半端な感じに思えたし

 

あんずが、なんで、マザコン夫を選んだのかも

わからないまま話は進むから

 

映画のみだと、ん???

と、思う人いたかも・・・

 

原作本が、とても好きだから

ただの中途半端な映画なら

話題性だけで映像化はしないでほしかったかも・・・

f:id:aoisakana5:20200817045425j:plain

ジェニーの記憶

Twitterで知って、アマプラで見た。

 

性的虐待」が、テーマになっていて

主人公・ジェニーは48歳で彼氏と同棲中だ。

 

このジェニーのところに母親から電話が来て

ジェニーが13歳の頃に書いた文章が送られてくる。

 

最初、ジェニーは、かなり年上の彼氏だったからと

母親の心配も笑っていたけど

徐々に、埋もれていた記憶が顔を出し始め

ジェニー自身も、もう目が背けなくなり

事実を知るために、過去を知る人たちに会いに行く。

 

この映画で、コワイと思ったのは

性的虐待」をする成人男性のビル。

無理矢理、性的虐待をするのだけが性的虐待ではないことを

教えてくれる。

 

理解のある大人で、自分を「特別」だと褒めてくれる人として

近づき、愛の言葉をささやく・・・

そして、イヤだと言えない状況に追い込み

レイプする・・・

それを、あたかも「愛」だと思わせるように・・・

 

そして、コワイと思ったのは

美しい女性として描かれる先生・ジェーンだ。

このジェーンもレイプの加害者であり

多分、被害者でもあるんだろうな・・・

ビルとは不倫関係であり、幼い子供たちを

ビルに捧げる役目・・・

あんなに美しい女性が、レイプの共犯者だなんて・・・

 

この映画の大人は、誰も信じちゃダメな感じがある。

 

ただ、救いたかったと母失格だと自分を責める

ジェニーの母親だけが、ああ、もっと早く気づいてあげてれば・・・

あんなに、ジェニーの異性関係に敏感だった母親だったのに・・・

唯一、母親だけは、まともな大人で

そこだけが救いだった・・・

 

そして、ジェニーの文章を読んだ同棲中の彼氏。

「これは性的虐待だ!」「君は被害者だ!」と

心配する姿に、本当にジェニーを愛しているんだと思った。

クソな男なら、こんな過去をもつ女とは

別れるといいかねないだろう。

日本の男性は、処女が好きだから

きっと、多いんじゃないかな?

 

どこか怪しげな宗教団体のようにも見えたし

言葉巧みにレイプするコワさを感じた・・・

 

そして、被害者であるジェニーが

そのことを、なかなか自覚しないのもコワかった・・・

 

きっと、酷くつらすぎる記憶は奥底に沈めてしまったんだろう・・・

 

「虐待」は「愛」にすり替わってしまったんだろう・・・

 

大人として子供は守るべき存在。

 

子供を性的な目で見るなんてキモチが悪いし

子供の人権を無視してる。

 

ジェニーが、結婚しなかったのも子供を産まなかったのも

ビルの偏った考えのせいだと思う・・・

 

「自由」とは性に奔放になることでは

断じてない。

 

まだ、幼いカラダの少女がレイプされるたびに

トイレで吐くシーンは、ほんとに痛ましかった・・・

 

ビルが成功者になっていたのも気分が悪かった。

f:id:aoisakana5:20200813043256j:plain

劇場

又吉直樹原作の映画。

 

又吉直樹の本は未読。

映画化されたのを見るのは、この作品が初めて。

 

売れない劇団の主人公・永田役が山崎賢人なんだけど

見てるうちに、山崎賢人ってことを忘れるくらい

山崎賢人の空気を完全に消してる!!

クズ男に、徹しているところが、すごいなぁ・・・

と、思ったwww

 

風貌も、いかにもお金ない小汚い感じで

髪も伸び切ったままボサボサ・・・

無精髭・・・

それだけだったら、山崎賢人のイケメンぶりは

消えないと思うから

演技力すごいなと、思った!!

 

永田が、自分語りをしながら

物語は進んでいくんだけど

 

もうね、めちゃくちゃ、クズなの!!!!

は???

と、思うくらいのクズで・・・

 

そんな男に引っかかってしまう彼女・沙希役が松岡茉優

沙希は、ほんとに永田には、もったいないくらいのいい子!!

 

まだ、大学生の沙希の部屋に転がり込んで

同棲が始まるんだけど・・・

永田は、まったく働かないし

 

沙希のお母さんから、仕送りが送られて

お母さんの冗談を沙希が話すと

 

「沙希ちゃんのお母さん嫌い!!」

 

とか、暴言吐くし・・・

 

それに対して、沙希がお母さんのこと悪く言わないで

私の言い方が悪かったよね。

と、謝るんだけど

 

は???

沙希が謝ることなんてないのに!!!!

なんだ、このクソ男は!!!!

 

それでも、沙希は、笑顔と笑い声をたやさない

いい子なんだよね・・・

 

デートらしいデートもしない・・・

沙希から、光熱費だけでも入れてほしいと言われると

沙希ちゃんの部屋なのに、他人の俺が払うの

おかしくない?とか言うし・・・

 

もう、いちいちムカつくクズっぷりが、すごいよwwwww

 

お前、何様なの???

と、怒鳴ってやりたいくらいwww

 

で、沙希が一度だけ、永田の劇団の劇に出るんだけど

中学から演劇部で女優を目指してるだけあって

光る才能をもってた!

 

でも、永田は、それ以降、沙希を起用することはないんだよね・・・

 

沙希の才能への嫉妬かな?

と、思った。

 

元劇団員だった青山役が伊藤沙莉

私的に、伊藤沙莉は「映像研には手を出すな!」の

浅草氏の印象www

 

その青山が、いい感じなんだよねw

 

再会した永田に、今、どうしてるか聞くと

 

「今、彼女と住んでる。」

 

たった、一言のセリフだけで

青山は

 

「あー・・・そ~来ましたか!!

ダメですよ!!自分で稼がないと!!」

 

と、永田が、どんな奴なのか

きちんとわかってるんだよね。

 

で、ライターの仕事を手伝ってほしいと

仕事を頼むんだけど

 

ライターの仕事を始めると

今度は、沙希の存在が邪魔になって

借金して一人暮らしをする・・・

 

最初から、一人暮らししろよ!!!!

と、思うし

 

一体、沙希は、この男のどこに魅力を感じたんだよー

 

今まで、見てきた映画でクズ男と言えば

「愛がなんだ」のクズ男だったけど

や~、永田のクズ男っぷりは、それを超えたねwww

 

ふたりのつき合いが長くないことは

もう、見てるこっちまで先が手にとるようにわかる

ストーリーで・・・

 

もし、これが原作通りなら

どこにでもある、ありふれた作品だなって思う。

 

沙希は、どんどん笑顔がなくなって・・・

病んでいくんだよね・・・

 

青山は、沙希と別れてあげてと言う。

同じ劇団の野原は、お前、自分に才能があると思ってる?

他人が才能ない、つまらないって思ってる自覚ある?

と、話すシーンは

いいぞ、もっと、言ってやれ!!!!www

 

それでも、永田は変わらない。

 

これは、沙希を失っても仕方ないと思う。

 

最後のふたりで、会話するシーンで

永田は、ふたりの未来の話をする。

それまでしてこなかったことを話す。

 

それは、もう、遅いんだよ・・・

気づくの遅すぎんだよ・・・

 

大学生だった沙希は、いつのまにか

27歳になっていて

まわりの友達は、もう結婚してる。

いつか、ふたりで一緒になることを夢見てたと

吐き出すシーンがあったけど

それでも、永田は変わらなかったし

 

沙希も、永田には変わってほしくないけど

もう、一緒にはいられないって

 

んー・・・

いまどき、ダメダメだけど変わってほしくないとか

耐え忍ぶ女なんて時代遅れじゃない???

 

山崎賢人、別に好きでも嫌いでもなかったけど

役者的には、大きな成長を見られる作品だった。

だから、役者的には見てよかった作品。

 

でも、映画的には、ただただムカつく映画だと思うwww

f:id:aoisakana5:20200803051628j:plain