やがて今も忘れ去られる

徒然なるままに雑記ブログ

「※このブログはアフィリエイト広告を使用しています」

 ※コメントはコメント欄にお願いします。

北欧の神秘

北欧の絵画(ノルウェースウェーデンフィンランド

に、フォーカスした展覧会とのことで

初めて新宿の美術館に行きました。

 

 

美術館内に、無料ロッカーがあって

荷物を預けられるのが、とても便利でした。

 

5階からスタートし、3階まで展示され

2階は、ショップでした。

 

<序章・神秘の源泉 北欧美術の形成>

ここで、気に入った絵画は

 

★カール・ステファン・ベンネット

ストックホルム宮殿の眺め、冬」

 

★アウグスト・マルムストゥルム

「踊る妖精たち」

 

「踊る妖精たち」は、幻想的な感じでした。

 

<1章・自然の力>

★ニルス・クレーゲル

「春の夜」

 

エドヴァルド・ムンクノルウェーの画家だと

初めて知りました。

ムンクの作品は、「フィヨルドの冬」が

展示されていました。

 

<2章・魔力の宿る森 北欧美術における英雄と妖精>

絵本のようなマンガ的な作品が多く

展示されていました。

 

<3章・都市 現実世界を描く>

★アウグスト・ストリンドバリ

「街」

 

★ブルーノ・リリエフォッシュ

「そり遊び」

 

★エンマ・トッル

「リッダルホルメンの風景」

 

この美術館の売りだと思われる

収蔵品コーナーには

 

★フィンセント・ゴッホ

「ひまわり」

 

が、展示されていました。

 

一部、写真撮影許可されていましたが

絵画は、写真を撮らない主義。

 

気に入ったのは、ポストカードで買うって

スタンスは、中学生の頃から変わってない。

気に入った絵画のポストカードがない時は

ガッカリするけどw

 

今回も、数枚ポストカードを購入。

 

やっぱり、「ひまわり」の商品が多く

売ってたなー

 

あとは、ポストカード用の額が

みんなオシャレだった。

そんなに高くないから飾れる場所があれば

買いたかったなw

ひまわりの約束

ひまわりの約束

  • 秦 基博
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

何度でも恋する

気がつけば、結婚25年。

 

出会った頃、令さん(パートナー)は

大学生だった。

 

人生初の告白から、数ヶ月に渡り

告白してはフラれるを繰り返したw

(まぢで泣いたw)

 

そんな令さんと、ふたりきりの生活は

結婚前以来になる。

 

コロナ禍の、まったくひとりになれない

ストレスから考えると

今は、ストレスのない生活を送っている。

 

家事も、ムリなく

できる方がやったり

シェアハウス的に、別々に作って食べたり

かなり自由だw

 

お互い、趣味があり

干渉しない点もいいんだと思う。

 

令さんのことを、ずっと好きだけど

変わらず同じ感情を持ち続けていたか?

と、思うと

そうでもないように感じる。

 

一緒にいて、一番、楽しいのは令さんで

一緒にいて、一番、盛り上がるのも令さんで

一緒にいて、一番、私が私らしくいられるのも令さんだけど

 

私は、「愛」というものを信じていない。

 

自分に、一生の愛なんてものは存在しないと

思っている。

そもそも、「愛」というものが、わからない。

 

「好き」は、わかるけど

「愛してる」は、わからない。

 

片想い期間から、結婚25年

私は、その都度、令さんに恋をして

恋が終わり

また恋をしているに過ぎないのではないか?

 

何度でも、同じ人に恋をしている。

 

でも、その恋は、さまざまだと思う。

 

激情のような恋だったり

穏やかな恋だったり

 

そんな私に比べて、令さんは

ずっと、変わらず同じキモチで好きでいると

言っていた。

 

それこそが、きっと「愛」なのかもしれない。

 

出会った頃、お互い20代で若かったふたりが

40代と50代になっても

手をつなぎ、笑い合って

これからも、ずっと、一緒にいたいと思う。

 

それは、きっと、すごく幸せなことだと思う。

 

40代になった令さんを

かわいいと思える私も

50代になった私を

かわいいと思ってくれる令さんも

謎の魔法にかかっているに違いないw

 

他人から、見たら

髪の薄くなった中年男性と

デブな中年女性だからねw

 

もしかしたら、ふたりには

目に見えるところだけでなく

内面から、にじみ出ている何かが見えて

それが、本当に愛おしく感じているのかもしれない。

 

令さんと、つき合ってる頃

「将来、ハゲると思う」と言われて

本気で悩んだw

ハゲても愛せるのかな?

ハゲとデブはキライなんだけどな・・・

そう、思うのも、しょうがないw

だって、当時、私は20代だったのだからw

 

でも、今、令さんの薄い頭も

かわいいって思える私がいるのでw

 

20代の私が、あの時

令さんのお父さんの頭を見て

(あー・・・将来、こうなるってことか)

いや、きっと、大丈夫!!

ハゲても愛せる!!多分!!w

 

好きだけで、結婚して

好きだけで、一緒にいる私が

唯一、悩んだことはそれくらいw

 

アホみたいな悩みだけどwww

 

一生、一緒にいると誓った相手に

何度でも恋をできることに

感謝したい。

LADY

LADY

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes