あの空は夏の中

ドラマ、映画、本、特撮の感想ブログ

美しい人

野島伸司作品。

 

美容整形外科医の主人公・京助(田村正和)のところに

夫から逃げるため、どんな顔でもいいから

整形してほしいと頼んできた、みゆき(常盤貴子)を

亡くなった妻と同じ顔に整形する。

 

野島作品に、田村正和って、ちょっと意外な

組み合わせ。

 

みゆきの夫・次郎役が大沢たかお

多分、当時の私は大沢たかおって

いい人なイメージ強かったと思う。

そんな、いい人のイメージの大沢たかお

妻を執拗に探し回る暴力男を演じさせる

野島伸司すごいなw

と、思った。

 

この作品以降、大沢たかおは、いろんな役を

こなしていくことになるし。

 

次郎が、みゆきが整形しても見つけるの

すごいしw

次郎に懐く純(池脇千鶴)には暴力ふるわないんだよね。

みゆきのことは、めっちゃボコボコにしてたのに・・・

愛が歪みきってしまってるからなのか・・・

愛してる相手だから暴力をふるうのか・・・

 

妻に、そっくりな顔にしたみゆきに京助は

惹かれていき、みゆきも京助のこと好きになる。

 

激しいほどの激情を持った次郎に対し

静かな感情の京助。

 

その京助が、みゆきのために次郎と

対立することになるんだけど・・・

 

多分、そーいうこと、ずっと避けてた人。

妻が浮気してるんじゃ?と思っても

問い詰めたりしなかった。

ただ、耐える人だったと思う。

 

その京助が、次郎と対立して

ココロが壊れてしまったんだな・・・

と、感じた。

 

ココロが壊れて

もう、自分を保てなくなったから

最後に、みゆきに妻の名前を呼んだと思う。

 

みゆき自身に惹かれたのではなく

妻と錯覚して惹かれてた。

最初から、妻のことしか愛してなかった。

 

次郎は、みゆきがどんな外見になっても

探し出して間違った愛情をぶつけるけど

京助は、みゆきに優しい穏やかな愛情をくれるけど

それは、みゆき自身にではなく

全部、妻へのキモチだった。

 

みゆきって女性を、まっすぐな愛情で

愛してくれる人はいなかった。

ある意味、不幸な女性だと思う。

 

亡くなった妻が、一番、幸せな女性だったかも。

亡くなった人には、誰も敵わないって言葉が

あるくらいだし。

 

そんな、寂しい愛の物語だったな、と思う。

美しい人 DVD-BOX(4枚組)

美しい人 DVD-BOX(4枚組)

  • 発売日: 2008/07/25
  • メディア: DVD
 

ピュア

和久井映見が好きで、見始めたドラマ。

 

軽度の知的障害の優香(和久井映見)は

芸術的才能があり、オブジェ作りをしている。

その作品を、従兄弟の涼(高橋克典)が

コンサートに応募して受賞する。

優香の母(風吹ジュン)は

優香を興味本位な目に晒したくないと考えていて

涼は、健常者と同じように社会に出すべきと

考えている。

そこへ記者の徹(堤真一)が優香と交流することになる。

 

最初は、不器用な態度の徹が

優香の純粋さに惹かれていき

少しずつ距離が縮まるんだけど

 

優香が、父の死を理解していないって話から

徹の死で、優香が死を知るという話が

私には、とても難解なドラマだった。

 

淡い恋の話かな?と思ってたから

あ・・・

なんか、難しい方向へ行ってしまったな。

 

和久井映見の演技は、とても良かったけど

私には、ただ、ただ難しいドラマだった。

 

主題歌は、Mr.Children

名もなき詩」だった。

ピュア DVD BOX

ピュア DVD BOX

  • 発売日: 2010/03/03
  • メディア: DVD
 
Mr.Children 1996-2000

Mr.Children 1996-2000

  • アーティスト:Mr.Children
  • 発売日: 2001/07/11
  • メディア: CD
 

眠れる森

リアルタイムの時、すごい話題になってたドラマ。

主演が中山美穂木村拓哉だったから

キャストも豪華なんだな、と思った。

 

当時、私は見てなくて

ドラマの内容は詳しく知らなかったけど

オープニングで人物にヒントが!!

とか、そーいう情報は見かけてた気がする。

 

再放送の時に、きちんと見た。

 

主人公・実那子(中山美穂)は

恋人の輝一郎(仲村トオル)との結婚を控えていた。

そんな中、実那子は昔のラブレターを読み返し

故郷の眠れる森に行き、直希(木村拓哉)と

出会う。

 

実那子が、過去の記憶がほとんどないことと

家族惨劇事件の描写があったり

とにかく、木村拓哉陣内孝則

めちゃくちゃ怪しすぎる行動や発言をするwww

原田美枝子まで怪しく見えるからw

もう、みんな怪しいwww

と、思わせるのスタッフの勝利だねwww

犯人の矛先を、いろんな人物に向けて

真犯人に辿り着かないように巧妙に作られたドラマだと思う。

 

事件後、治療のために来た実那子に

直希は片想いをして15年間その想いを抱え続けてる。

ほとんどストーカーwww

 

小学生の頃の実那子、中学生の頃の実那子

大学生の頃の実那子・・・

それぞれの実那子を、ずっと見てたけど

会うことも声もかけることもできずって

めちゃくちゃ切ない・・・

と、思うけど

実那子からしたら、ただのストーカーwww

 

ずっと、実那子のこと好きだったら

告白されても由理(本上まなみ)と

つき合わなければいいのに

期限付きで、つき合うとか残酷・・・

実那子と会う年に、期限来たから別れるって言って

めっちゃ冷たくするなら

最初から、つき合うなよーと思うw

しかも、直希の親友・敬太(ユースケ・サンタマリア)が

由理のこと好きだし

 

過去の事件から、犯人探しと

仮出所した国府陣内孝則)を追ってるうちに

由理が殺されたり、敬太が自殺したり・・・

 

一番、びっくりしたのは

実那子の実の父親が、直希の父親だってところ。

え?じゃあ、ふたりは姉弟ってこと???

直希のキモチは、どうなるんだろう?

 

輝一郎が、実は国府と同級生だったとか

幼い実那子を知っていたとか

 

大学生で、小学生の実那子のこと

好きになったのかな?ロリコン?とか

思ったwww

 

輝一郎にしか見えない母親って

最後まで、わからなかったなw

ほんとに失踪?

家族の誰かが殺したんじゃないかな?

とか、いろいろ謎w

 

最終回の最後のオープニングが神だったな。

オープニングの人物が、すべて繋がっていくの

ほんとお見事だなぁ。

 

陣内孝則は、トレンディードラマでは

ちゃらい役してたし

仲村トオルは、ヤンキーの役やってたのに

ふたりとも、めっちゃ演技も上手くなって

大人な演技もできるようになったんだなw

 

そう考えたら

中山美穂だって、トレンディードラマでは

ドジな女の子の役やってたのにw

 

みんな、いい感じに大人の演技が

できるようになって豪華キャストに育ったんだな。

 

このドラマは、ほんとに名作って言われるだけあると

思う。

ストーリーや犯人わかってても

また見たいと思うし、ハラハラ感も味わえると思う。

 

主題歌の竹内まりやの「カモフラージュ」も

かなり合ってて好き。 

眠れる森 DVD-BOX

眠れる森 DVD-BOX

  • 発売日: 2005/03/16
  • メディア: DVD
 
【Amazon.co.jp限定】Bon Appetit! (特典:メガジャケ付)

【Amazon.co.jp限定】Bon Appetit! (特典:メガジャケ付)

  • アーティスト:竹内まりや
  • 発売日: 2020/12/11
  • メディア: CD
 
眠れる森

眠れる森

  • 作者:野沢 尚
  • 発売日: 1998/12/01
  • メディア: 単行本
 

週末婚

多分、このドラマで永作博美を知ったと思う。

 

永作博美演じる妹と、松下由樹演じる姉が

めちゃくちゃ仲の悪い姉妹のドロドロドラマwww

 

妹・月子は普通のOL。

恋人・豹と、いつか結婚する予定でつき合っていた。

姉・陽子は美人で翻訳家。

豹の兄・純と知り合い交際。

 

豹兄弟の両親が

「嫁同士が実の姉妹」は世間体がうんぬんと言って

ちょっと、ないよねwみたいなことを言い出す。

 

ん??????

そーなの?

嫁同士が実の姉妹だと世間体悪いの???

ごめん、わからないwww

当時から、ずーーっと、今でも

これ理解できないwww

 

まぁ、豹兄弟の両親の言葉から

陽子と月子が、もとから仲悪いのに

どっちかが別れなさいよ!!と言い始めて

ますます険悪に・・・

そんな世間体うんぬん気にする家の嫁になんて

なりたくないなーw

て、選択肢ないんだねwww

 

結局、陽子が妊娠した!!と言って

月子が泣く泣く豹と別れる。

そんなに好きなら、さっさと結婚しちゃえば

よかったのにって思ったw

だって、先につき合ってたの月子なんでしょ?w

 

陽子と純の結婚式で、月子が陽子の過去を暴露したり

結婚式で暴露はあかんwww

陽子も性格悪いけど、月子も負けずに性格悪いwww

なんだ?

このドラマwwwww

 

月子は、その後、上司の航一から突然のプロポーズ。

あれ?

ごめん、航一、そんなに月子好きだったっけ???

月子、めちゃくちゃ豹への未練タラタラだったはずなのに

陽子より幸せになる!!と結婚。

航一のキモチも、わからないが

月子のキモチも、わからないwww

 

陽子の方は、結婚生活の不満が募り

月子への嫌がらせをしまくり流産・・・

その後も嫌がらせする。

 

で、陽子の結婚生活が、多分、幸せに見えなかったからか?

月子が航一に週末婚したいと言い出す。

 

豹は、新しい彼女と同棲するものの

月子に未練あって、月子に嫌われるくらいの

ストーカーぶりを発揮w

兄の結婚式に、弟だから豹いたよね?

姉の過去を暴露する月子にドン引きしなかったのかwww

 

純は、エリートサラリーマンだけど

陽子に隠れてマンション借りてたり

そのマンションで、エロビデオ見てる生活www

マンション借りて愛人作るんじゃなくて

エロビデオ見るって学生か!!www

てか、その事実に陽子激怒するけど

ひとりで優雅にエロビデオだったらいいんじゃない?www

愛人囲んでましたー

デリヘル呼んでましたー

じゃないならよくない?

ダメ?ダメなのか?www

私がいないところで息抜きしてるのが許せないのか?

 

このドラマ、ずーーっと

陽子の嫌がらせ、月子の嫌がらせの繰り返しだし

やられたらやり返す!!

なんなら百倍返し!!!!

あれ?

あの有名な半沢直樹だって倍返しだ!!

倍返しどころか百倍返しだよwww

時代を先取り???wwwww

 

週末婚してた航一も、月子とやってけないと

1年経ってもキモチが変わらなかったら離婚したい。

あと、月子に転職先も紹介する。

 

そもそも、陽子も月子も性格悪すぎるからwww

どっちも結婚したくないよwww

 

週末婚に、問題があったのではなく

結婚する相手を間違えるとヤバイよ?って

ドラマだったと思うwww

週末婚 DVD-BOX

週末婚 DVD-BOX

  • 発売日: 2010/12/08
  • メディア: DVD
 
笑顔が見える場所

笑顔が見える場所

  • アーティスト:AN-J
  • 発売日: 1999/05/19
  • メディア: CD
 
solitude

solitude

  • アーティスト:Favorite Blue
  • 発売日: 1999/06/16
  • メディア: CD
 

白夜行

東野圭吾原作。

 

東野圭吾原作のドラマ化は、かなりあるし

人気作家だけど、唯一、この本だけ買った。

 

白夜行」を知ったのはドラマから。

セカチュウ」のドラマと同じスタッフと

山田孝之綾瀬はるかの共演と主題歌を柴咲コウ

話題になってたと思う。

個人的には、かなり楽しみにしてた。

 

幼い少年少女が淡い初恋をする。

お互いの家庭環境のせいで残酷な道を行くことになる。

 

雪穂は、借金を抱えた母親から売られていて

性的虐待を受けていた。

その買い手が亮司の父親で

それを偶然、知ってしまった亮司の手で殺害される。

雪穂も、母親をガスで殺害する。

ふたりは、今後もう会わないようにしようと離れる。

事件は迷宮入りする。

 

まだ、幼い小さな恋をしていたふたりが

汚い大人によって人生を狂わされる・・・

 

高校生になった雪穂(綾瀬はるか)は

親戚の家の養女になって暮らしていた。

 

亮司(山田孝之)も、高校生になって

一人暮らしして暮らしていた。

 

ふたりが再会するシーンは

ほんとに涙が出るほど、うれしかったし

ふたりには幸せになってほしいと思った。

 

このまま、ふたりは恋人になって

過去のことなんて忘れて幸せになってほしかった。

そんなことを願ってしまうくらいに

この物語は、暗く絶望しかなかった・・・

 

事件を追う刑事役が武田鉄矢なのが

かなり説教くさくてイヤだったな。

もっと、別の俳優がよかったなと思う。

 

雪穂と亮司が再会してから

雪穂にとっていい方向へ向かうように

犯罪を重ねていく・・・

犯罪を重ねれば重ねるほど

ふたりの距離が遠くなっていくように感じた。

 

エンディングで流れる柴咲コウ

「影」が、ますますキモチを沈ませた・・・

 

ふたりが太陽の下、笑顔で手を繋ぐ未来なんて

ないんだって・・・

 

その後、映画化された。

映画化では、雪穂を堀北真希、亮司を高良健吾

 

ドラマのイメージがあったから

なかなか見るか!!と思えなかったけど

かなり経ってから見てみることにした。

 

映画の方は、ドラマと違って

成長したふたりが一緒にいるシーンが

ほとんどないに等しい。

 

ほんとに亮司が、雪穂の影になって

暗躍している。

 

こっちの刑事役は船越英一郎

この刑事役は俳優によって、随分と印象が変わるんだな。

 

雪穂は、ほんとに美しいくらいに冷酷さがあり不敵だ。

 

ドラマの方は、ふたりがもがき苦しむ姿があったけど

映画の方は、そーいうのがまったくないから

雪穂が、確実に高みに登りつめ

結婚後も実権を握り、自分を嫌う義妹も罠にかけて

そのトラウマを利用して取り込む策略も成功してる。

 

原作の小説の方では、雪穂と亮司の心理描写は

描かれてないから、映画の方が近いのかもしれない。

 

多分、ドラマが一番人間らしく描いてると思う。

 

ただ、すべての「白夜行」で思ったことは

影のように支えてくれた亮司を失って

雪穂は、これから、どうやって生きていくのかな?

ひとりで歩いていかなきゃいけない。

きっと、その道は、めちゃくちゃ孤独な道なんだろう・・・

白夜行 (集英社文庫)

白夜行 (集英社文庫)

 
白夜行 完全版 Blu-ray BOX(4枚組)

白夜行 完全版 Blu-ray BOX(4枚組)

  • 発売日: 2015/11/06
  • メディア: Blu-ray
 
白夜行 [Blu-ray]

白夜行 [Blu-ray]

  • 発売日: 2011/07/20
  • メディア: Blu-ray
 

若葉のころ

当時、大人気だったKinKi Kidsのふたりが

共演したドラマ。

 

もちろん、KinKi Kids大好きな私も

毎週、楽しみに見てた。

 

貧乏な家の少年を堂本剛

裕福な家の少年を堂本光一

めっちゃ、これ、見た目で決めた?www

しかも、貧乏と裕福な家とかベタだなwww

 

貧乏な家庭で弟と妹の面倒を見ながら

難関校へ編入する武司(堂本剛)は

裕福な医者の息子、甲斐(堂本光一)と

出会い友情を育んでいく。

 

武司の幼馴染みの泉(奥菜恵)は

甲斐に憧れつつ、武司とつき合う。

 

武司は泉のことで父親と揉み合いの末

誤って刺してしまい少年院へ・・・

 

武司が少年院でいないあいだに

甲斐と泉が恋仲になっていく。

 

びっくりするくらいのドロドロドラマwww

親友と彼女が自分がいないあいだに恋仲って

1番やっちゃダメなパターン!!

 

少年院から出てきた何も知らない武司と

泉と恋仲になったことを隠すために

泉と恋人関係を解消して会いに行く甲斐。

 

でもね、バレちゃうんだよね・・・

泉の妊娠で・・・

あちゃー・・・

 

泉的には、武司にバレたくないから

別れようと言われるの、ひどい男だと思うんだよね。

 

でも、私のような腐の視点から見ると

泉より武司のが大事なんだねーwww

わかる、わかるwww←

 

ふたりに裏切られたことを知った武司は

実の父親が甲斐の父親だと知り

病院の跡取りにと期待され野心を抱き

甲斐の家で暮らし始める。

甲斐の方は学校を辞めて泉と一緒に

アパートで暮らし高校中退でなかなか

仕事も見つからない中、建設現場で働く。

 

ここで、お互いの立場が逆転するの

あるあるwww

 

それにしても、甲斐の父親ヤバすぎwww

武司の母親とつき合ってたけど

野心のために甲斐の母親と結婚して?

武司と甲斐の教師とは愛人関係になって

捨ててるし?

女癖悪すぎない???

 

建設現場で

育ての父親と武司が殴り合いのケンカ中

鉄骨が落ちてきて

甲斐が武司をかばい、甲斐は意識不明の重体になる。

 

最初から、甲斐は武司に好意的で

積極的に友達になろうとしてたし

泉より武司との友情を優先しようとしてたし

武司をかばって昏睡状態になるくらい

武司ラブだったんだな、とw

KinKi Kidsファンとしては

めっちゃ腐で見てしまうw

 

タイトルからは想像もしないくらいの

ドロドロドラマだけど

思い出すシーンは

なぜか、青空と大きな緑の樹の下と

剛と光一くんの笑顔なんだよね。

 

なんでだろうと思ったけど

ふたりが無邪気に遊んでるEDに

KinKi Kidsの歌が流れるシーンが強く残ってるせいだ。

 

ふたりの笑顔が、ほんとに眩しくて

なぜだか涙が出そうになる・・・

あの時、あの時代、私も一緒に生きてきたんだな

と、フイに思った。

若葉のころ DVD-BOX

若葉のころ DVD-BOX

  • 発売日: 2006/10/27
  • メディア: DVD
 
A-album

A-album

  • アーティスト:KinKi Kids
  • 発売日: 1997/07/21
  • メディア: CD
 

冷たい月

外科医の椎名希代加(中森明菜)の夫は人気ニュースキャスターの

公平(辰巳琢郎)が雨の夜、ひき逃げ事故を起こし

警察に捕まる前に希代加の目の前で自殺する。

妊娠中だった希代加は流産し二度と妊娠できない体になってしまう。

ある日、公平のひき逃げを通報したのが

森下美咲(永作博美)だと偶然知り、希代加の復讐劇が始まる。

 

当時、海外映画の「ゆりかごを揺らす手」みたいな

ドラマだな、と思った。

 

OPが、かなり狂ってるwww

いろんな場所で、多分、死体?になった?

中森明菜永作博美が横たわってるだけのOPwww

まったく意味わからんwww

みんな死ぬドラマなん???とか思うよね?

このOP考えた人、狂ってるなwww

 

公平、メンタル弱すぎない?

精神安定剤?みたいなのを

めっちゃ多量に飲んだりするし・・・

医者の希代加が、薬の量の話をするから

普段から飲んでたってことだよね?

 

希代加が様々な復讐をしていくんだけど

美咲が希代加が怪しいと思い始めた頃

希代加が、美咲のナイフに自分から刺さりに行って

美咲が逮捕される。

 

このドラマのイライラポイントは

多分、万作www

妻の美咲の言葉をまったく信じないwww

なんでや?www

希代加が怪しいと話しても希代加を信じるし!!

 

しかも、逮捕されてから

4年後に、話が飛ぶw

 

4年後、万作は希代加と再婚してて

赤ちゃんだった息子も大きくなって

めっちゃ希代加をママと慕ってる。

 

希代加が、外科医の頃から知っていて

ずっと、好意を持っていた丸山忍(的場浩司)は

希代加の復讐を止めたいと考えてる。

 

的場浩司が、めっちゃフツーの役してるwww

的場浩司ってだけで不良なイメージしかないのにw

的場浩司中森明菜のツーショなんて

ヤンキー同士にしか見えないwww

 

まだ、ドラマとかに中森明菜が出てた時代だったんだな。

当時の中森明菜は、めっちゃ綺麗だし体細いwww

腰が細いwww

 

美咲が、刑務所から出てきても

まぁ、希代加の復讐は終わってないw

 

万作が、実は・・・とかあるのかと思ってたら

ほんとに美咲を信じてなかったwww

信じてないけど、美咲のことをずっと好きで?

希代加が自分を好きじゃないこともわかってた?

でも、息子への愛だけは本物だからとか

いろいろ言うけど

まぁ、真実何も見えてないボンクラ夫www

 

希代加が、母子家庭で雪の日に母親が死んでしまう過去を

持っていて

唯一、公平とは幸せを実感できる家族だったようだ。

 

これって、絶対、希代加をただの悪者に

したくなくて同情するエピソードが多いんだろうな。

 

実際、美咲より希代加に共感しちゃうしw

 

忍は、ずっと希代加に片想いしながら生きてるw

 

最終回は、雪山のシーン・・・

なんとなく、これって希代加の母親が雪の中

死んだエピソードを知ってるから

ここで希代加、死んじゃうんだろうな・・・

と、バレバレw

 

息子が、希代加をママ、ママ叫ぶシーンが

たくさんwww

 

もう、希代加は1番の復讐してるけどな?

自分の息子が、自分じゃない女性を

ママだと思って慕ってるの

美咲的には、つらいと思う。

 

でも、希代加の復讐は終わらないらしいw

最終的には、やっぱり殺すしかないってなるんだけど

ずっと、死ぬよりつらい生き地獄にしてやるって

言ってたのに

やっぱり、殺すんですか?w

 

美咲も、びっくりよねw

だったら最初から殺せよー!!と

ツッコミ入るよねw

 

希代加は、なんだかよくわからない洞窟?で

生き埋め状態になって

そこに助けに来る忍。

 

もう、これ助からないよーと

美咲に息子を連れて外へ出ろと言って

希代加を守るように忍がかぶさって

あ、ふたりとも死んじゃうのか。

希代加と一緒に死ねるなら忍本望か?

 

と、思ってたら忍生きてたwww

しかも、死んだ希代加を抱いて歩いてる。

きっと、中森明菜だったから抱いて歩けたよね?w

 

なぜか、雪の中、希代加を置く忍。

 

雪の中、白いコートと白いマフラーの希代加が

溶け込むように横たわってるんだけど

 

あれ?

忍は、雪の中、置いていったの???

 

誰も幸せにならないドラマだったなw

復讐する方も、復讐される方も。

中森明菜 ベスト 2 WQCQ-452

中森明菜 ベスト 2 WQCQ-452

  • アーティスト:中森明菜
  • 発売日: 2012/12/19
  • メディア: CD
 

 

Age35

柴門ふみ原作のドラマ。

 

主人公の名前の英志とAgeをかけてるって

かなり後になって気づいたw

 

当時、多分、途中から見たのかも?

 

既婚者の英志(中井貴一)が社内不倫していて

妻の朱美(田中美佐子)が疑いながらも

子供たちと一緒に暮らしてる。

はたから見たら、とても仲が良く幸せそうな家族だ。

 

英志と朱美が、再構築するドラマかな?

と思って見てたら

 

朱美まで、昔の同級生と不倫関係に・・・

 

ええーーー・・・

 

お互いW不倫になるけど

子供たちのためにって離婚はしないんだよね。

 

子供たち視点から見たら

これって、どうなんだろう?

子供たちが巣立つ頃

やっと、ふたりは離婚して

 

英志は、不倫相手だったミサ(瀬戸朝香)に

会いに行って再婚する。

 

朱美の方も、同級生だったシン(椎名桔平)の

ところに行く。

 

子供たちが巣立つまで、お互いの不倫相手たちが

よく待ってたな・・・と思うけど

 

このドラマって

「35歳からでも人生はやり直せる」

が、テーマだったから

 

すごく幸せな家庭を持っても

それを捨てるくらいのやり直しが

不倫だったのか?

と、思うと

ええ???と思う・・・

 

別に、離婚はいいと思う。

 

人生はやり直せるってテーマだったら

お互いのやりたかった仕事なり趣味なりを

極めるでも良かったんじゃないか?

と、個人的には思う。

 

可愛い子供たちにも恵まれ

幸せな家庭に何の不満もなかったのに

それを捨てるなら

 

不倫相手と再婚したって

繰り返すんじゃないの?

と、思っちゃうよね。

 

主題歌のシャ乱Qの歌が

すごい、このドラマに合ってたw

Age.35 (小学館文庫)

Age.35 (小学館文庫)

  • 作者:柴門 ふみ
  • 発売日: 2003/09/13
  • メディア: 文庫
 

銀狼怪奇ファイル

堂本光一くん主演ドラマ。

 

親を亡くし、父の友人に育てられた不破耕助(堂本光一)は

普通の優しく大人しい高校生だが

IQ220の冷酷な「銀狼」という別人格を持った少年。

 

ほぼ、学園内での事件がメイン。

事件が起こるたびに、銀狼が出現し

事件を解決していく。

 

ドラマ的には、堂本光一くんが銀狼になるシーンが

楽しみでありw

銀狼は冷酷な性格だけど、どこかヒーローにも見えるw

銀狼の時のが女性からモテてるしねw

 

耕助を弟のように思う姉のような存在の冴子(宝生舞)は

耕助と正反対の銀狼を唯一嫌っている。

 

なんとなく、銀狼って名前から

金狼とかいてもおかしくないよなー・・・と

思ってたら

金狼がラスボスだったwww

 

主演が、ジャニーズてんこ盛りなドラマだから

金狼は誰が演じるのかな?

と、思ってたら

 

V6の三宅健が金狼だったwww

 

主題歌も近藤真彦が歌ってて

ジャニーズ祭りなドラマw

 

みんな、今見たら

かなり若いんだろうなwww

ミッドナイト・シャッフル

ミッドナイト・シャッフル

  • アーティスト:近藤真彦
  • 発売日: 1996/02/21
  • メディア: CD
 

 

この愛に生きて

当時、なんとなく見てたドラマw

 

なんとなくだったから

覚えてるストーリーは

 

主人公・曙美(安田成美)は

夫・聖一(豊川悦司)が浮気してるのを知って

悠作(岸谷五朗)と不倫して

あー・・・不倫ドラマ?

と、思ってたら

曙美と聖一の子供が誘拐され殺害

え???

あれ?突然、サスペンス???

曙美の復讐劇に変わるから

びっくりだwww

 

当時は、聖一の浮気相手が

ただの浮気相手だと思ってたら

聖一の元妻だと知る。

あれ?

じゃあ、曙美が不倫相手で

略奪愛して結婚したってこと???

 

どうやら、曙美が20の時に

聖一との間に子供ができて

略奪結婚したようだった。

 

子供ができたことで聖一と結婚したけど

レスだったり、元妻と浮気するって

聖一は、曙美のこと、ただの遊びだったんじゃないかな?

ほんとに好きなのは元妻の立子(美保純)

なんじゃないかなって。

 

曙美は、ずっと聖一に振り向いてほしくて

嫉妬やヤキモチを妬くのに

悠作と不倫するのが、ちょっと理解できない。

 

悠作の方は、曙美に、めちゃくちゃ一途に

好きでいるんだよね。

 

曙美や聖一が、お互いに不倫してる罰として

子供が殺されるって話なのかな?

 

フツーに考えて、それが1番の大きな罰だと思った。

 

曙美は、母性がかなり強い女性なのに

子供のこと愛してたのに復讐するくらい

子供のことで頭がいっぱいになるくらいなのに

なんで、不倫してしまったんだろうな・・・

 

聖一とは、子供だけで繋がってるって

わかってたから

聖一からの愛なんてないって

わかってたから不倫してしまったんだろうか?

 

子供のことで

曙美は、かなり自分を責めるけど

聖一は、曙美を責めるだけなんだよね。

聖一も責められる人間じゃないのにね。

 

結局、家庭は壊れちゃうんだけど

 

曙美は目に見えて、かなりボロボロになるし

聖一も苦しむ。

 

曙美は、悠作に救われて

もう一度、幸せになろうとする。

聖一も、その幸せを後押しするけど

 

子供を殺した犯人が実は生きてる。

 

その言葉から、曙美は復讐の道を行く。

 

ずっと、余裕だった立子が

聖一のココロが曙美に向かってるって感じて

多分、初めて余裕がなくなっていくんだよね。

別れても聖一のキモチは自分にあるって

自信が揺らいでいく。

 

それまでは曙美が、まったく余裕がなかったのに

いつも立子の影に怯えてたのに

子供を亡くしてから立場が逆転するのって

皮肉だよね。

 

事件の真相に辿り着いて

聖一が、立子の妊娠を知って

生きようとする姿に

え、聖一って妊娠した女性のところに行くの?

と、当時から思ってたなw

 

聖一って、母性のある女性に惹かれるの???

とかwww

 

この作品の安田成美の演技が

ほんとに女優魂を感じるくらい

すごいんだよね。

いろんな表情を見せる役をうまく演じてる。

 

俳優的に言ったら

夫が豊川悦司で、不倫相手が岸谷五朗って

ちょっとないなってwww

豊川悦司がイケメン過ぎるでしょwww

 

このドラマの主題歌は、かなり好きで

ずっと覚えてた。

橘いずみの「永遠のパズル」から

橘いずみを知った。 

この愛に生きて 第1巻 [VHS]

この愛に生きて 第1巻 [VHS]

  • 発売日: 1994/11/18
  • メディア: VHS
 
この愛に生きて

この愛に生きて

  • アーティスト:TVサントラ
  • 発売日: 1994/06/01
  • メディア: CD
 
GOLDEN☆BEST橘いずみ+榊いずみ〜20th ANNIVERSARY〜

GOLDEN☆BEST橘いずみ+榊いずみ〜20th ANNIVERSARY〜

  • アーティスト:橘いずみ
  • 発売日: 2012/07/25
  • メディア: CD