あの空は夏の中

ドラマ、映画、本の感想ブログ

劇場

又吉直樹原作の映画。

 

又吉直樹の本は未読。

映画化されたのを見るのは、この作品が初めて。

 

売れない劇団の主人公・永田役が山崎賢人なんだけど

見てるうちに、山崎賢人ってことを忘れるくらい

山崎賢人の空気を完全に消してる!!

クズ男に、徹しているところが、すごいなぁ・・・

と、思ったwww

 

風貌も、いかにもお金ない小汚い感じで

髪も伸び切ったままボサボサ・・・

無精髭・・・

それだけだったら、山崎賢人のイケメンぶりは

消えないと思うから

演技力すごいなと、思った!!

 

永田が、自分語りをしながら

物語は進んでいくんだけど

 

もうね、めちゃくちゃ、クズなの!!!!

は???

と、思うくらいのクズで・・・

 

そんな男に引っかかってしまう彼女・沙希役が松岡茉優

沙希は、ほんとに永田には、もったいないくらいのいい子!!

 

まだ、大学生の沙希の部屋に転がり込んで

同棲が始まるんだけど・・・

永田は、まったく働かないし

 

沙希のお母さんから、仕送りが送られて

お母さんの冗談を沙希が話すと

 

「沙希ちゃんのお母さん嫌い!!」

 

とか、暴言吐くし・・・

 

それに対して、沙希がお母さんのこと悪く言わないで

私の言い方が悪かったよね。

と、謝るんだけど

 

は???

沙希が謝ることなんてないのに!!!!

なんだ、このクソ男は!!!!

 

それでも、沙希は、笑顔と笑い声をたやさない

いい子なんだよね・・・

 

デートらしいデートもしない・・・

沙希から、光熱費だけでも入れてほしいと言われると

沙希ちゃんの部屋なのに、他人の俺が払うの

おかしくない?とか言うし・・・

 

もう、いちいちムカつくクズっぷりが、すごいよwwwww

 

お前、何様なの???

と、怒鳴ってやりたいくらいwww

 

で、沙希が一度だけ、永田の劇団の劇に出るんだけど

中学から演劇部で女優を目指してるだけあって

光る才能をもってた!

 

でも、永田は、それ以降、沙希を起用することはないんだよね・・・

 

沙希の才能への嫉妬かな?

と、思った。

 

元劇団員だった青山役が伊藤沙莉

私的に、伊藤沙莉は「映像研には手を出すな!」の

浅草氏の印象www

 

その青山が、いい感じなんだよねw

 

再会した永田に、今、どうしてるか聞くと

 

「今、彼女と住んでる。」

 

たった、一言のセリフだけで

青山は

 

「あー・・・そ~来ましたか!!

ダメですよ!!自分で稼がないと!!」

 

と、永田が、どんな奴なのか

きちんとわかってるんだよね。

 

で、ライターの仕事を手伝ってほしいと

仕事を頼むんだけど

 

ライターの仕事を始めると

今度は、沙希の存在が邪魔になって

借金して一人暮らしをする・・・

 

最初から、一人暮らししろよ!!!!

と、思うし

 

一体、沙希は、この男のどこに魅力を感じたんだよー

 

今まで、見てきた映画でクズ男と言えば

「愛がなんだ」のクズ男だったけど

や~、永田のクズ男っぷりは、それを超えたねwww

 

ふたりのつき合いが長くないことは

もう、見てるこっちまで先が手にとるようにわかる

ストーリーで・・・

 

もし、これが原作通りなら

どこにでもある、ありふれた作品だなって思う。

 

沙希は、どんどん笑顔がなくなって・・・

病んでいくんだよね・・・

 

青山は、沙希と別れてあげてと言う。

同じ劇団の野原は、お前、自分に才能があると思ってる?

他人が才能ない、つまらないって思ってる自覚ある?

と、話すシーンは

いいぞ、もっと、言ってやれ!!!!www

 

それでも、永田は変わらない。

 

これは、沙希を失っても仕方ないと思う。

 

最後のふたりで、会話するシーンで

永田は、ふたりの未来の話をする。

それまでしてこなかったことを話す。

 

それは、もう、遅いんだよ・・・

気づくの遅すぎんだよ・・・

 

大学生だった沙希は、いつのまにか

27歳になっていて

まわりの友達は、もう結婚してる。

いつか、ふたりで一緒になることを夢見てたと

吐き出すシーンがあったけど

それでも、永田は変わらなかったし

 

沙希も、永田には変わってほしくないけど

もう、一緒にはいられないって

 

んー・・・

いまどき、ダメダメだけど変わってほしくないとか

耐え忍ぶ女なんて時代遅れじゃない???

 

山崎賢人、別に好きでも嫌いでもなかったけど

役者的には、大きな成長を見られる作品だった。

だから、役者的には見てよかった作品。

 

でも、映画的には、ただただムカつく映画だと思うwww

f:id:aoisakana5:20200803051628j:plain

逃げるは恥だが役に立つ

ドラマを、途中から見たんだけど

もう、ガッキーと星野源が、めちゃくちゃ

かわいい役だった!!!!

 

最終回まで、あっというまに夢中になって

見てしまったwww

 

で、Blu-ray買ってしまったほどwww

 

みくり(新垣結衣)と平匡(星野源)が

「雇用主と従業員」という関係の契約結婚をして

ふたりの関係が、恋愛に発展していく過程が楽しい!

 

みくりの伯母の百合ちゃん(石田ゆり子)が

めちゃくちゃ綺麗でかわいいwww

あんな大人の女性になりたいって憧れるwww

ムリだけどwww

 

主題歌の星野源の「恋」や恋ダンス

めちゃくちゃ流行ったなぁー

 

このドラマで、ガッキーと星野源

結婚したら、素敵って

本気で思ったくらいハマってたし

それぞれの役柄が素敵だった!!

f:id:aoisakana5:20200730064701j:plain

おっさんずラブ

かなり人気があったドラマだって知ってたけど

リアルタイムで見ることができなくて

かなり、経ってから

ドラマを見ることができた。

 

ああ!!

これは!!

人気でるわけだよーーー!!!!

 

だって、おもしろいしwww

 

何より、差別用語が少ないのが高評価だった!!

 

主人公のサラリーマン・はるたんが

同性からモテすぎでしょwww

唯一、幼なじみの女の子が好きって

思ってるくらい?w

 

部長が、めっちゃ強面なのに

すっごく乙女!!wwwww

で、部長の奥さん・蝶子さんが

個人的には、すっごく好きwwwww

 

部長から離婚を切り出されて

蝶子さんが、浮気ね!浮気なのね!と

調べてからの、はるたん判明!!の流れで

蝶子さんは、性別カンケーなく

 

「私のプライドが許さないわ!!」

 

で、最初は、裁判で戦う気でいたけど

部長が、はるたんに振られると

 

「私のプライドが許さないわ!!」

 

と、今度は部長の相談相手になり

部長の恋を応援するwww

 

めちゃくちゃ、いい女じゃない?

やばいよね!!

もう、部長、はるたんもいいかもだけど

蝶子さんも、捨てがたい女だよ?www

 

ドリカムのアイシテルのサインとか

部長と蝶子さんの世代ではわかると思うけどwww

はるたん世代わからないよーーーwwwww

 

はるたんは、同棲してた牧くんとつき合うのを

選ぶんだけど

牧くんは、はるたんと幼なじみの女の子が

つき合った方がいいって身を引くから

 

あー・・・

幼なじみの子と一緒に暮らしてるのかな?

と、思ってからの~

 

そっちかい!!!!wwwww

 

なんで、そうなった???wwwww

 

蝶子さんは、はるたんの会社の若い男性から

好意をもたれて交際を申し込まれるけど

断りながらも仲良くお酒飲んだり

いいお友達としてつき合ってて

それも、超かっこいいwwwww

 

ほんと、このドラマは

いいドラマだったな。

 

リアルタイムで見たかったドラマだwww

f:id:aoisakana5:20200722063958j:plain

式日

庵野秀明監督の実写映画。

 

この映画の中には、私の好きなものが

たくさん、つまっている・・・

 

そんな気がした。

 

飛び降りる儀式を重ねる彼女と

彼女と交流していくカントク。

 

彼女が、どんどんと壊れていくたびに

カントクが、どんどん離れていくように感じた。

 

彼女が、いろんな闇や負の感情で

いっぱい、いっぱいになって

それを、受け止めるほどカントクは

彼女を愛していないと思ったし

寛容でもないと思った。

 

映像は、本当に美しくて

芸術的だ。

 

そして、セリフのひとつ、ひとつに

私は、震えるようにシンクロした。

 

あぁ、やっぱり

私は、庵野秀明監督の世界観が好きみたいだ。

 

庵野秀明が紡ぎ出す言葉に

ただ、ただ、自分のココロを代弁してもらってるようで

見透かされているようで。

 

すべての人が、喝采をあげるような

作品ではないかもしれないけど

 

私の中では、とても好きな作品になった。

 

主題歌が、Coccoっていうのも

すごく、合ってたと思う。

f:id:aoisakana5:20200720232333j:plain

リリィ・シュシュのすべて

岩井俊二作品。

 

リリィ・シュシュのすべて」は

タイトルから、想像していたストーリーとは

まったく、違っていた・・・

 

現実の酷いいぢめと、リリィ・シュシュの音楽やネットの世界に

のめり込んでいく少年の物語だった・・・

 

リリィ・シュシュ」は、まるでキーワードのように

使われている。

 

物語に出てくる少年少女たちは、皆

リリィ・シュシュ」に魅了されている。

信者だ。

 

私が勝手に思うのは

リリィ・シュシュ」は、唯一の救いだったのかな・・・

と、思う。

 

いぢめの首謀者の少年も、いぢめられる少年も

強姦される少女も、売春させられる少女も・・・

それぞれが、つらい・・・

 

ネットでココロを交わした相手が

いぢめの首謀者と、いぢめられてる少年で

それをキッカケに和解するなんて

そんな、優しい世界なんかじゃなかった・・・

 

ただ、ほんとに優しくない世界に

リリィ・シュシュ」の優しい歌声だけが響く・・・

 

思春期のよくわからない世界だと言ってしまえば

そうなんだけど

 

よくわからないながらも

残酷な作品だ。

f:id:aoisakana5:20200720015553j:plain

NIGHT HEAD

NIGHT HEAD」・・・それは、人間が使用していないとされている

脳の容量である70%の部分を指す言葉である。

人間が持つ不思議な「力」は、この70%の部分に秘められていると言われる。

 

から、始まる

当時、深夜ドラマだった「NIGHT HEAD」。

かなり人気があったみたいだったけど

残念ながら、リアルタイムで見ることはできなかった・・・

 

山奥のある研究所に隔離されていた霧原兄弟が

そこから飛び出すところから物語は始まる。

霧原兄弟を中心に、ふたりに対して過酷な運命が

次々と襲いかかって来る。 

 

霧原兄弟を演じるのは

兄・直人:豊川悦司

弟・直也:武田真治 

 

 かなり、豪華だよねwww

 

私が、ちゃんと見たのは、映画の方。

 

でも、映画よりドラマのが絶対おもしろかったんじゃないかな?

レンタル以外、多分、もう見れないと思うから

かなり悲しい・・・w

 

いつか有料配信でもいいから、ネットで見れたら

うれしいなぁー

 

トヨエツは、ちょっとパーマかけてる感じで

武田真治は、幼くて若いwww

 

「頭がいたいよ、兄さん」

 

の、セリフは、よく真似したwww

 

超能力があるせいで、普通の暮らしができないって

今では、結構、あたりまえになってるけど

その走りが、この作品だったんじゃないかな?

と、思う。

 

制御できない大きな超能力をもったせいで

苦悩するふたりの兄弟を見てると

超能力があるからって、幸せになるわけではない。

むしろ、それが足かせになってる・・・

 

そこから、苦悩系が増えたように感じる。

f:id:aoisakana5:20200717055452j:plain

白線流し

松本市の高校に通う仲間たちと

偶然出会った同じ高校の定時制生徒との

恋愛と友情を描いたドラマ。

 

このドラマは、かなり好きで

主人公・園子(酒井美紀)と、お互い惹かれ合う

定時制生徒の渉(長瀬智也)の恋愛を

ドキドキしながら見てたw

 

ふたりが、お互い天文が好きで

惹かれ合いながらも不器用な恋が

ほんとに、初々しかった。

 

当時の酒井美紀は、真面目で清純な役が合っていたし

長瀬智也は、綺麗な少年だったwww

 

で、あるあるなんだけどw

 

園子を好きな優等生・優介(柏原崇)と

渉を好きな同じ工場で働く不良の茅乃(遊井亮子)が

ふたりの恋の邪魔をするんだよねーwww

 

連続ドラマが終わっても

スペシャルドラマで、たまに数年後の

仲間たちの成長を描いていて

それも、毎回、楽しみに見ていた。

 

スペシャルでは、なかなか会えない

園子と渉の恋を描いていたり

 

その後、園子と渉が同棲するが

キモチがすれ違ってしまい別れたり・・・

 

海外ボランティアで知り合った女性と

渉が結婚すると聞いて、園子が泣いてしまうラストシーンや

 

最後のスペシャルでは

渉と結婚した女性は死別し

園子は、優介とつき合っていたり・・・

でも、結局、渉への想いを捨てられず別れる。

 

高校生同士の初々しい恋愛が

大人になるにつれ

会いたくて会えなかった相手と

念願の同棲をして、すれ違うとか

まるで、結婚生活のようだと感じた・・・

 

渉が、園子じゃない相手と結婚を決意するのは

ちょっと、かなり強引だったように感じる。

渉の園子へのキモチって、そんなもんだったっけ???

 

最後は、渉の夢が叶うカタチで終わるけど

 

私的には、ふたりの恋愛が色褪せてしまうのが

本当に、残念だった・・・

 

とても、好きなドラマだったからこそ

園子と渉には、幸せになってほしいと思った。

 

このドラマで、スピッツを知って

スピッツの歌が、すごく大好きになったなw

f:id:aoisakana5:20200713022835j:plain

母性

湊かなえの本を、きちんと読んだのは

この本だけだ。

 

そして、湊かなえ自身

 

「これが書けたら作家を辞めてもいい。

その思いを込めて書き上げました。」

 

そんな覚悟をするくらいの作品なんだ?

湊かなえ作品は、ドラマで、いくつか見た程度で

本は、まったく読んだことがなかった。

気になる本があっても、次回でいいかな?

と、思って買うまでに至らなかった。

 

でも、この「母性」は、なぜか

手にとって、すぐに買った。

 

そして、読み出すと・・・

「母親」と「母親の母親」そして「娘」が出てくる。

 

母親が、まだ独身で娘時代だった頃

絵画教室で、ある男性と知り合い

母親が、とても気に入っていたから結婚したってあたりから

もう・・・ん???

母親が、気に入った人なら誰でもよかったのかな?

自分自身で好きになったわけじゃないよね?

という、結婚のエピソードから

絵に描いたような幸せな新婚生活が描かれる。

 

母親に依存したまま娘は、母親になる。

そして、娘を産む。

母親に、ただただ褒められたいだけの

ココロが成熟していない娘のままの母親は

実の娘より、母親が一番大事な人だった・・・

 

私自身、自分の母親に多分、今もなお、依存しているから

わからないわけじゃない・・・

悲しいけど、この母親のキモチが、まったくわからない!

と、言えたらよかった・・・

 

気持ち悪いくらいの母親への依存は

私自身もあるんだな・・・

 

ただ、この作品の母親の母親は、聖母のような

きちんと愛情をそそいで娘を育て

結婚したのだからと諭すことも言ってるんだよね。

 

私みたいに、毒母ではなく

もらえなかった愛情に飢えてるわけでもないのに

この作品の母親は、歪んだまま大人になってしまう・・・

 

究極の選択で

 

「母親を選ぶか?娘を選ぶか?」

 

で、母親は、お母さんはひとりしかいないから

お母さんを助けたい。

子供は、また産めばいい。

 

と、発言していて

 

私は、同時に、この愛されていない娘の視点でも

作品を読むことができたから

すごく、胸が苦しくなった・・・

 

台風の日の事故から

 

一転して、家族は夫の実家に身をよせる。

そこは、まるで地獄のような生活だった。

姑や小姑がいる義実家での同居・・・

しかも、夫は、自分の妻や娘が苦しい思いをしている中

不倫してるんだよね・・・

最悪だ・・・

何やってるんだ?お前の実家で起こってることだぞ???

 

姑の嫁いびりに耐える母親を、かばおうとする娘のキモチは

まったく伝わらなくて

娘の悪いところばかりが、母親には映ってしまう・・・

こんなにも、母親を思っている娘なのに・・・

 

そして、父親の不倫を、娘が知っただけでなく

母親の母親、祖母が亡くなった原因を

不倫相手の女から知らされる・・・

 

もう、ほんと・・・最悪だ・・・

 

何の罪もない娘が、罪悪感を感じたり

自殺しようと思うのは、容易に想像がつくことなのに・・・

 

ただ、ただ、この作品は、苦しくて苦しくて・・・

 

終盤、不倫した夫が帰ってきて母親は許し

嫁いびりをしていた姑も、嫁である母親を頼るようになり

 

作品の中で、何度か出てきた言葉

「お嬢様」と呼ばれていた母親が

細腕で、農業をするシーンが描かれていたので

細い体型のお嬢様のような母親なのだろうと

ずっと、思っていた。

 

娘が大きくなり母親を

母親は、中年体型の小太りなおばさんと語っていて

 

ああ・・・

それくらいの月日が、経ったのか・・・

お互いに苦しかった日々の終わりを感じた・・・

 

ほんとに・・・

よかった・・・

 

苦しくて、泣きそうになるシーンが

ほんとに、たくさんある作品だったけど

私の中では、かなり大切な本になった。

 

そして、娘が子供を産んだ時は

自分が与えてもらいたかった愛情を

そそいであげてほしいと思った。

f:id:aoisakana5:20200709154653j:plain

花とアリス

岩井俊二作品。

 

花(鈴木杏)とアリス(蒼井優)は

幼なじみの高校生。

 

自由奔放なアリスに、振り回させる花だけど

とても仲が良い幼なじみだ。

 

私は、この作品で、蒼井優を初めて知った。

杏ちゃんは、大きくなったなぁという印象。

 

花が、一目惚れした宮本先輩と

ひょんなことから、花は嘘をついてしまい

宮本先輩の彼女になる。

 

そんな花の恋の応援をしていたアリスも

その恋に巻き込まれるカタチで

アリスも、宮本先輩に惹かれ始める・・・

 

そして、宮本先輩もアリスに惹かれ始めて・・・

 

仲の良かったふたりの三角関係!!

うあー、どうするの???

 

そんなキモチで、ふたりの恋を見守りながら観た。

 

海に、3人でデートした帰りのバスかな?

宮本先輩をはさんで、両脇で、花とアリス

宮本先輩に、くっついて寝ているシーンが好きだったな。

 

映画を観てて、思ったのは

アリスって、宮本先輩に父親を重ねてる?

と、思うシーンが多くて

アリスって、ファザコンなんだよね・・・

そこが、なんだか切ないんだよね・・・

 

花とアリス、ふたりが主人公だけど

アリスが、主人公っぽくも見える映画。

 

アリスが、オーディションで

バレエを踊るシーンは、ほんとに綺麗だし

高校生の若さを感じたな。

 

それまで、蒼井優を綺麗って

まったく思わなかったんだけど

バレエのシーンや、花に自身が載った雑誌の表紙を

見せるシーンで、あ、蒼井優って綺麗な子だったんだな・・・

と、気づいたw←遅いwww

 

とても、綺麗で可愛い映画なんだけど

切なさも含んだ映画。

 

私的には、ずっと、3人の関係が続いてほしかったかなぁ・・・

 

まぁ、青春の一瞬の1ページを描いてるんだろうから

永遠なんてありえないのは、わかってるんだけどね。

f:id:aoisakana5:20200709123806j:plain

スイッチ

ドラマスペシャル「スイッチ」を見ました。

 

阿部サダヲ松たか子が、元恋人同士で

検察官と弁護士。

 

お互い、新しい恋人を紹介したり

最初は、めちゃくちゃコミカルなドラマかな?

と、思った。

 

検察官の直(阿部サダヲ)と弁護士の円(松たか子)が

新しい恋人を紹介するため、4人で食事するシーンがあるけど

直の恋人と、円の恋人が、つき合った方がいいんじゃない?

と、思うくらい結婚感とか似てるwww

 

直と、円が、別れてからも

腐れ縁的に、まだ会ってるところや

お互いの家で、カルピスを作って飲んでるシーンとか

実は、伏線だったことに気づくと

めっちゃ、切ない・・・

 

コミカルに描いていたドラマは

意外な、ふたりの過去の話になり

ふたりがある事故で出会ったこと・・・

 

ちょっとねw

直の学生時代が、イケメン過ぎてwww

あれ?大人になったから???

阿部サダヲみたいなおぢさんになったってこと???

いやいや、ちょっと学生時代の配役

間違えてるよね?w

とは、思ったwww

 

ほんとは、直も円も、今でもずっと

お互いを好きなんだってわかって

復縁してほしいなって思いながら見ていた。

 

直は、明らかに大好きだよね。

 

このまま、直は、円を見守りながら

生きていくのかな?

 

と、思ったら、めちゃくちゃ

切ないドラマだった・・・

 

お互いに同じ傷を持ちながら、持ってるからこそ?

一緒に生きていくのはムリなのかな・・・?

 

だとしたら、悲しい・・・

f:id:aoisakana5:20200701191855j:plain